SSブログ
前の10件 | -

2024新春ドラマー関係ないことには寛容に [ドラマ]

ご無沙汰しています。

今年の冬は、終わりそうで終わらず、粘りに粘って
桜の開花を大きく遅らせてしまいましたね。

私もあてが外れてなんだかなぁっていう思いをしてしまいました。
早めにしていた予定/予約を、潔くキャンセルするべきだったんじゃないかと、
今でも思ったりします。
いつの時点ならどれだけの影響が出るのか調べるのが億劫で
目的が達成できないのがわかってて決行しちゃいましたね。

椿山荘.jpg

GWにはこちらでリベンジしたいですが、
今年は、端からいいことがないので、どうだろう。
耐える年になってしまいそうな気もします。

ドラマのほうではクドカンがまた、話題作を提供していました。

<不適切にもほどがある>
不適切にもほどがある.jpg
1980年代から今日に至るまでの、
社会通念の変化を面白おかしく描いていたこのドラマ。
私はどちらかというと昭和のほうに近い人間かと思いますので、
私や私の周囲に起こっていることを鑑みて、
身につまされるような気分になりました。

中でも自分に直接関係のないことに(ことこそ?)寛容になれないことに
ついてのエピソードを扱った回が一番身につまされた感がありました。

私の友人に、高校のクラスメイトと結婚した人がいて、
結構長いこと一緒に結婚生活を送っていたんですが、
結局離婚してしまって。

その際に、預けていたお金をすべて隠し持っていかれて、
さらに、離婚ビジネスをしているような組織と協力して、
法外な慰謝料も請求されたようです。

大きく言っといて、元々狙っていたところに収めようとする手法だったらしく、
その額を正当化しようとして、
ものすごい量の悪口を書いてきたみたいで、
働かず、悪口を書くことで収入を増やしましょうって言われたようですね。
その方が業者も着手金が増えるのだと思います。

裁判官がちゃんと見極めてく入れて、
結局、訴訟費用程度のものを負担することで決着したようですが、
悪口言われた方は、少なくとも一旦は受け止めなくちゃいけないので、
相当な負担だったようで、
そのフラッシュバックで、5年間、夜うなされたそうです。

ご自身にも至らない部分はあったにせよ、
裁判所で、正当な評価をもらえたのはよかったと思います。

家のお金の管理は相手に任せていたようで、
貯金は全部持っていかれちゃったらしいですけど、
それはあえて見逃したそうです。
慰謝料として請求してきた額どころの額じゃなかったようですが、
息子がつれていかれていて、
お金がないと困ると思い、
そこは業者に搾取されず、純粋に手元に残ると思ったからそうしたと言っていました。

それから5年後にクラス会が開催され、
重苦しい気分で、参加するのに葛藤しながらも、逃げずに参加したところ、
5年間うなされ続けていた気分が、その日からスーッと軽くなったそうです。

その場では、一連の経緯については何も話さなかったようで、
おそらく、相手のいない場で一方的に話すのは、
フェアじゃないと思っていたのだと思います。

ところが、時代が進み、SNS全盛の時代になると、
どうしても裏話のネットワークなんかができてしまって、
相手がそういったネットワークに加わる際の言い訳に
法外な慰謝料を請求するために作った悪口を使っちゃったらしく、
私の友人はその風評で、ネットワークからはぶられることになりました。

数年前からそういった予兆があったらしくて、
嫌な思いを感じていたようですが、
そんなことをする人たちじゃないだろうって、
クラスメイトを信用して気丈にふるまっていたらしいです。

相手にしてみたら、本来裁判所に申告するべきお金を隠していたので、
持ち逃げした気分だったでしょうから、
顔を合わせられず、逃げたままにしておきたい気分だったでしょう。

当人たちのことはわかりますけど、
良く事情を知らない周囲までが積極的に加担する事じゃないような気がしますが、
いったん流れができたら、その流れに沿ってネットやら何やらでなにしてもいい時代ですからね。
相応じゃないものを見せられても、
黙ってみてるしかない感じですもんね、今は。

そういった話を思い出して、
自分に直接関係のないことに(ことこそ?)寛容になれないことに
ついてのエピソードを扱った回が一番身につまされた感があったわけです。

我々も、結構梶原一騎の影響を受けてきましたけど、
このドラマの昭和時代のエピソードをみても、
やっぱり昭和ってその色が濃く反映されていたんだなと感じます。

相応であるということは難しいのかな。

最終回まで見ましたが、
阿部サダヲと河合優実親子が被災するっていう伏線、回収できていましたか?
タイムマシンが発達して、自由に行き来できるっていうのが回収なんだろか。

そして、令和の河合優実は、ピカピカにおしゃれな髪形に変身していましたが、
はからずも、聖子ちゃんカット最強説を裏付けることになっていたように感じてしまいました。

<さよならマエストロ>
さよならマエストロ.jpg

ウィークデーのドラマは、コンスタントにリアルタイムで見ることはできませんが、
この枠は、最もリアルタイムに観やすくて、
今回も基本リアルタイムで観ていました。

このドラマ、どこが素晴らしかったかと言って、
西島秀俊が、どこにでもいるおっさんのような顔をしながら、
何気ないやりとりの中で、オケのみんなの心を一瞬にして鷲掴みしてしまうところですよね。

全く偉そうにせずに、上に立とうという野心もなく、
ただただ自然に言葉を交わしただけで、
あふれるような尊敬を得て、慕われ、
ついていきたいと思われるような人物であることが描かれたオケとの邂逅シーン。

あそこがこのドラマの価値を決めたといっていいんじゃないでしょうか。

まるで生まれながらにマエストロであったかのような、
それ以降の物語の中で、
西島秀俊が真のマエストロであることに疑いの余地を持たせなくしたシーンだったように思います。

演じた方も演出した方もすごいですよね。

それに比べて、
西島秀俊と芦田愛菜がなぜ険悪だったのか。
西島秀俊と石田ゆり子がなぜ一緒に暮らしていないのか。

わかるっちゃわかるけど、
そんなことってある?っちゃそんなことってある?でしたね。

西島秀俊と芦田愛菜は親子だから、
西島秀俊も寛容になれたのだろうけど。
愛菜ちゃんは、親子である特権で甘えてたのかな。
でも、自分の中でも辻褄を合わせておかなくてはならず...
というところでしょうか。

拒否し続けた時間があったから、
和解後の絆が深まったのか。
ずっと仲良くしていていれば、と思うと浪費した時間がもったいなくも思えますよね。
偉大な父を持つが故の贅沢な浪費でした。

最終回前まで西島秀俊はオケにはなくてはならない存在ってことでずっと通してたのに、
あれができないからどうしたらいいかみんな悩んでたのに....(笑)

<アイのない恋人たち>
アイのない恋人たち.jpg

日曜9時枠は割と好調なドラマが多いですが、
テレ朝が昨年新設した日曜10時枠は苦戦が続いているようですね。

私の場合は9時枠に続いてリアルタイムで視聴することも多く、
今回は、「日曜の夜ぐらいは・・・」以来の3人の友情が描かれているモノだったので、
そこが好きで観ていました。

学生時代の友情がずっと続いてて、
毎週のように、リアルやネット上で会話ができて、
何かにつけて報告したり頼ったり、
遠慮なく物も言えて、
時には彼女より優先しあったりして、
ホントいいですね。

善意のお節介なんかもあったりして(これは男女間でもあったみたいですけど)
そういう関係は、一生大事にしてもらいたいです。

前田公輝は、「ちむどんどん」でも「セクシー田中さん」でもこのドラマでも、
ちょっと暑苦しいのがウリ?ですよね。
自分の居場所を見つけたって感じなのかな。

<ブラックガールズトーク><婚活1000本ノック>
婚活1000本ノック.jpg

最近、関水渚に注目しています。
今クールは2本も出ていました。
最近の役柄で定番なのは、
いい女風なんだけど、
少し深く触れてみると、ものすごく等身大で、
飾り気のないことが理解できて、
それで大好きになっちゃう女性、ってとこでしょうか。

見てるだけじゃわかんないけど、
そばにいたらたまんないタイプかな。

微妙に押しに弱そうな部分も出しているので、
目が離せない気分にさせられそう。

露出が多くなれば、そういう部分が認知されてくるかもしれないですね。

期待しましょう。

<関連記事>
2023秋冬ドラマーダメ男数え歌
2023夏ドラマー超大型ドラマ降臨
2023春ドラマー日本のソフィー・マルソー誕生?
2023新春ドラマーやっぱり、日本人の最も好きなもの、友情
2022秋冬ドラマー思いがけず高校生の頃っぽい感覚になれました
2022夏ドラマー田舎の学生のころの想いの成就
2022春ドラマーキムタクより目立ってた?&無理してたわけじゃないよね?
2022新春ドラマー説明しづらいことを上手に言ってくれた?
2021秋冬ドラマー一瞬で取り戻す関係性
2021夏ドラマー日本人の大好物、友情
2021春ドラマーあの女優が大きな声を出してた?
2021新春ドラマーアニメよりむずかしい、生身の入れ替わり
2019-秋冬ドラマ スタッフたちのマリアージュ
2019-新春ドラマ キョンキョン系女子もあこがれる顔
2018-秋冬ドラマ 聖子ちゃんカット最強説
2018-夏ドラマ 停電で視聴も録画もできない日があるとは・・・
2018-新春ドラマ 松潤のすっとぼけvsアラフィフ女子
2017-秋冬ドラマ 陸王ってビジネスドラマだったんですね^^;
君の名は。-再会
君の名は。-ふたりはどこで恋に落ちたのか?
2016-秋冬ドラマ - 石原さとみ VS 新垣結衣
君の名は。-一人称感の強さと黒澤映画とバック・トゥー・ザ・フューチャー
2015-秋冬ドラマ 忘却探偵との距離の縮め方
夏のドラマサマリー2014~「HERO」と「アオイホノオ」それぞれの最終回~
アオイホノオ~そして最終回へ:山本美月と黒島結菜にみる「みゆき」~
夏のドラマサマリー2014~キムタク「HERO」の内容と視聴率にホッ&深夜ドラマが熱い!~
春のドラマサマリー2013~今が旬かも
最終回、キムタク、篠原涼子、北川景子の黄金のトライアングル-「月の恋人~Moon Lovers~」
首の曲げ方が…「ブザー・ビート」の相武紗季
一途なジェジュン-「素直になれなくて - HARD TO SAY I LOVE YOU」
北海道 エンジニア 研修 

【Amazon.co.jp限定】不適切にもほどがある! Blu-ray BOX(キャンバスポーチ付) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】不適切にもほどがある! Blu-ray BOX(キャンバスポーチ付) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • 発売日: 2024/08/28
  • メディア: Blu-ray



TBS系 日曜劇場「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」オリジナル・サウンドトラック

TBS系 日曜劇場「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: 菅野祐悟
  • 出版社/メーカー: SMM itaku (music)
  • 発売日: 2024/03/06
  • メディア: CD






ブラックガールズトーク(7) (裏サンデー女子部)

ブラックガールズトーク(7) (裏サンデー女子部)

  • 作者: マキノマキ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2024/01/18
  • メディア: Kindle版


ブログトップへ戻る
nice!(299)  コメント(16) 
共通テーマ:テレビ

2023秋冬ドラマーダメ男数え歌 [ドラマ]

今年も大晦日になってしまいました。
皆さんは、どんな一年をお過ごしでしたか?
ジョン・レノン風に言うと、
and what have you done ?
ですね^^

前回は珍しく体調を崩した時間を作ってしまったんですけれど、
今は、ほぼ、体調は元通りになったと思います。
多くの皆さんにお気遣いいただきまして、
ありがとうございます。

そういった中で、歯のオペをしまして、
終わった後、一週間とかそれ以上たっても痛いんで、
やっぱりオペって大変だなぁって思っていたら、
なんでも、オペの時についでに残っていた親知らずを抜いたらしく、
痛かったのは、オペのあとじゃなくて、
親知らずを抜いた痕だったって、後で聞いて、
思いっきりズッコケました。

まだ噛んじゃいけないっていう時期が続いていまして、
そこだけ、本来の自分ではありません。

次の予約が混んでいて、
来月の25日になってしまったんで、
少なくともその日までは噛めないことになります。

フードプロセッサを使って、食材を粉々にして、
かまないで食べられるようにして食べていますが、
レパートリーも限られるので、
そこがキツいですね。

カップ麺とかはそこまで変わらないんですが。
例えば、肉じゃがとか、豚バラ白菜の鍋とか、材料をすべて粉々にして、
味付けも同じにして作っても、
まったくおいしくなくて、それが意外でした。
きっと、それぞれの素材がある程度独立して食感や味が感じられないと
おいしくないってことなんですかね。

一方、チャーハンにスープをかけると、
かまないで食べられる上に、普通に(普通以上に?)おいしくて助かりました。

また、最近はやりの調味料の入ったパウチに食材を入れてチンするやつのポテト版が、
チンした後パウチごと手でつぶせるので、
チューブでバターを入れてそれをやると、噛まないで食べられて、
出来立てのポテトが最高においしく感じました。

自由に食べられないのを機にまたダイエットを始めたので、
なかなかそればっかりたべているわけにもいかないところが、
またキツいところですね。

私の住んでいる地方は、今年は例年になく雪が少なく、
クリスマスになっても路面が見える感じで、
ちょっと異常です。
ある程度積雪してしまったほうが、
歩きやすかったり寒さを感じなかったりするんですが、
そういう意味では、寒いし、歩く感覚もちょっと変な感じです。

このまま冬らしくない冬でおわるんだろか。

さて、2023の秋冬ドラマですが、
私は意外なドラマに惹かれました。


<コタツのない家>
コタツのない家ss.png

タイトルを見てもいったいどんなドラマなのやらな感じで、
最終回にそのタイトルの伏線の回収をしてたんですが、
それでもピンと来なかったですね。

主演の小池栄子も、
イエローキャブにいた時代と違い、
ドラマに出ると、
森山みくりじゃないけど、
どうしても小賢しさが気になる方だったので、
あんまり期待していませんでしたし、
見る理由あるかな?っていう感じでした。
ただひとつ、
純くんがでてるんだ~
今どんなになったの?
北の国からとかDr.コトーとかAlways三丁目の夕日とかみたいに
また楽しませてくれるかな?
という興味で見始めたという感じですね。

見てみたら、純くんはもの凄くグータラしてて、
Always三丁目の夕日の茶川さんに近いような役で、
だけど茶川さんより口達者で、
そのおかげで卑屈にならないで済んでおり、
白い目で見られたり、
尊敬されなかったりしてもそこそこ平気でいられる
ある意味開き直ったメンタルを持っているような人物になっていました。

いい塩梅で口達者なところが物語をコミカルに回転させて、
同時に、そのうち何とかすんだろうっていう期待もうっすら感じさせる、
絶妙な役作りだったような気がします。
全体を通してシリアスになりすぎずに楽しく見られたのは彼のおかげかな。

小池栄子のほうも、今までの役柄や自身のイメージと異なり、
賢く自分中心に損得を考えてガンガン主張したり、
理詰めで相手を追い込んだりするような人物ではなく、
回り道してでも、気長に良い方向に向かうのを待つようなやり方で、
相手への思いやりが常に伝わってくるような、
一緒にいると安心できるから、
ずっと一緒にいてほしいと思えるような女性になってましたね。

例えがいいかわかりませんが、
自分で会社や家計を切り盛りしていて家族の中心でもある女性として、
「時間ですよ」のおかみさんなどよりも好感が持てたかもしれません。

グータラな夫を始め、家族のことが大好きであることを、
素直に表現できるところもポイント高かったです。

あんな風に思ってくれる奥さんを手放す理由なんてどこにもないですね。
あるとすれば、ホント、迷惑かけている自分がいなくなったほうが
相手のためになるんじゃないかと考えた時くらい。
でもそのことによって相手が悲しむのなら、できないですよね。

石川さゆりの主題歌がドラマにぴったりで、
作品の意図がよくわかる内容になっていました。
また、そのときに映るイラストが、出演者の特徴をよくとらえていて
上手だな~って感じでした。

大河ドラマで秀頼をやっていた作間龍斗が息子役で出ていて、
微妙に小憎らしい言葉のチョイスが秀逸な高校生をうまく演じていました。
首の伸ばし方みたいなところで上手にそんな性格を表現していましたね。
彼は性格俳優みたいな道を目指すのかな?

高橋惠子の姿が素敵で、別れた旦那の小林薫が自分のやっていることも棚に上げて、
いつまでもヤキモチ焼いちゃう気持ちがよくわかりました。


<いちばん好きな花>
いちばん好きな花.jpg

これも毎週楽しみにしていたドラマです。
なんといっても4人でいるときの雰囲気が良かったです。
4人が過不足なく、友情を育んでいけているところが最高でした。
4人の気持ちがあってるんですよね。
ああいう世界、理想だな。

そんな居場所が自分にあったら、いつまでもその世界に浸かっていたいですよね。
人数が増えれば増えるほど、過不足なくっていう部分が難しくなるので、
4人ていうのはほとんど奇跡だと思いますが、うまくイーブンな感じが表現できてました。

ただ、ちょっと無理してるなって感じるところもありました。

それが、彼らがもともと属している場所での浮き方です。

松下洸平って、あんな気遣いができてやさしくて、
機微がわかって気分の安定している人が、職場で浮きますかね。
尊敬されるのでは?
お人好しなところにつけ込む人ばかり?

神尾楓珠にしても、
人のためにナンパしてうまくいってるのに
おどおどしてる人なんかいますかね?
おどおどしてたらナンパできないし、
毎回毎回うまくいってたら、自信持つような気がするけど。
見た目が良くて、声掛けたら一発OKだけど、
そのあとの会話が変だとかですかね。
4人での会話は変じゃなかったですよね。
純粋すぎて、邪気のある周囲が価値観が違いすぎて仲間にしてくれなかったということかな。

今田美桜も、小さいころからちやほやされてきたなら、
いい加減免疫あるんじゃないかと思ったけど。
過剰に反応してましたよね。
同性の女の子からのやっかみが気になってやっちゃうのかな?

唯一、多部未華子のは、
男の友達と気が合っていたってだけだから、
あるかもしれないなって思えました。

考え方を変えれば、
それだけ現実にあまりない理解され難いトラウマみたいなものを持っているから、
そのことに理解のある友人が、とっても大事だったのかもしれないですけど。

そんなことで悩む人がいるの?
って思う私は、永遠にあの仲間には入れませんね^^;

もうひとつ、
今田美桜の役は、
誰が見ても可愛くて、
一緒に写真撮るだけでもお金を払っていいと思われるような
キラキラの美女という設定だったと思いますが、
それを普通の普段通りの今田美桜がやっていたのが気になりました。
そこを役作りしなくてよかったのかな。
確かに、普段通りでもキラキラの美女だけど、
そこは役作りで、普段通りじゃなく、今田美桜史上最高の、
さらにキラキラの美女にしておいてほしかったです。
そうすると彼女のエピソードも腑に落ちたかもしれません。

多部ちゃんもきれいなんで、そこまで差を感じなかったですよね。

ただ、そういった違和感なんてどうでもいいって感じるほど、
4人でいるときの雰囲気が素晴らしくて、理想的でした。

結局、このドラマ的には、
男女の友情はあるんだけど、
ただし、愛情も並行的に存在し、
好きになられたほうは、それをやんわりと否定するか、
告白するに至らないように、うまくコントロールし、
好きにになったほうは、その思いが成就しなくても、友情を優先できる場合に限るって
いいたかったっぽいですね。

私個人的には、ハッキリ愛情を伝えない限りは、外見は友情なので、
友達なら、異性が何人いようがみんなで仲良くできるから、
その全体の関係性がすばらしくてしばらくそのままでいたいなら、
何かの要因で、立ち位置が変わってしまうまで、
その関係をそのまま楽しみたいって思うかもしれません。
好きな人にはその中で、精一杯できることをしてあげるっていう話が好きかな。
立ち位置が変わるタイミングになったら、否が応でもどうするか決めなくちゃならないので、
それまでは、できるだけそのままに。

<下剋上球児>
下剋上球児.jpg

人気の枠で、キャストも豪華な枠ですが、さすがにVIVANTで豪華にやりすぎたか、
今クールでは、無名な若手を多数起用した、省コストキャストドラマでしたね。

ただ、この手の話は、若手のフレッシュな魅力を爆発させれば十分機能するので、
そこらへんは、奏功していたように思います。
一昔前のルーキーズのように、彼らが今後大きく羽ばたいていけるか注目ですね。


<セクシー田中さん>
セクシー田中さん.jpg

ついこないだまで、これっぽっちも女優だって思ってなかっためるるですが、
このところものすごい勢いで、女優としての存在感を増していますね。

このドラマでは、ショートボブにしていましたが、
髪の毛切ったんだろか?
ショートボブ、似合ってましたよね。
もし切ってなかったとしたら、
残りの髪の毛どこに入れてるの?って感じです。

このドラマの中でもすごく等身大な感じがしてよかったですよね。

「いちばん好きな花」と対照的に、
外見上は友達であった彼と、友情とは言えない行為にすすんでしまって、
微妙な感じになってました。

立ち位置が変わって、失うかもしれないって時だったら
最高なハッピーエンドだったかもしれないのに。

タイミングですね。

チャラ男とつきあうより、
ずっとピッタリな感じでした。

毎熊克哉は男くささを感じる役が多かったように思いますが、
このドラマでは打って変わって線の細めな神経質な男の役をやってましたね。
けっこう幅の広い役がこなせるんだって驚きました。

<関連記事>
2023夏ドラマー超大型ドラマ降臨
2023春ドラマー日本のソフィー・マルソー誕生?
2023新春ドラマーやっぱり、日本人の最も好きなもの、友情
2022秋冬ドラマー思いがけず高校生の頃っぽい感覚になれました
2022夏ドラマー田舎の学生のころの想いの成就
2022春ドラマーキムタクより目立ってた?&無理してたわけじゃないよね?
2022新春ドラマー説明しづらいことを上手に言ってくれた?
2021秋冬ドラマー一瞬で取り戻す関係性
2021夏ドラマー日本人の大好物、友情
2021春ドラマーあの女優が大きな声を出してた?
2021新春ドラマーアニメよりむずかしい、生身の入れ替わり
2019-秋冬ドラマ スタッフたちのマリアージュ
2019-新春ドラマ キョンキョン系女子もあこがれる顔
2018-秋冬ドラマ 聖子ちゃんカット最強説
2018-夏ドラマ 停電で視聴も録画もできない日があるとは・・・
2018-新春ドラマ 松潤のすっとぼけvsアラフィフ女子
2017-秋冬ドラマ 陸王ってビジネスドラマだったんですね^^;
君の名は。-再会
君の名は。-ふたりはどこで恋に落ちたのか?
2016-秋冬ドラマ - 石原さとみ VS 新垣結衣
君の名は。-一人称感の強さと黒澤映画とバック・トゥー・ザ・フューチャー
2015-秋冬ドラマ 忘却探偵との距離の縮め方
夏のドラマサマリー2014~「HERO」と「アオイホノオ」それぞれの最終回~
アオイホノオ~そして最終回へ:山本美月と黒島結菜にみる「みゆき」~
夏のドラマサマリー2014~キムタク「HERO」の内容と視聴率にホッ&深夜ドラマが熱い!~
春のドラマサマリー2013~今が旬かも
最終回、キムタク、篠原涼子、北川景子の黄金のトライアングル-「月の恋人~Moon Lovers~」
首の曲げ方が…「ブザー・ビート」の相武紗季
一途なジェジュン-「素直になれなくて - HARD TO SAY I LOVE YOU」
北海道 エンジニア 研修 

日本テレビ系水曜ドラマ「コタツがない家」オリジナル・サウンドトラック

日本テレビ系水曜ドラマ「コタツがない家」オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: 音楽:金子隆博 岡出莉菜
  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2023/12/20
  • メディア: CD






【Amazon.co.jp限定】いちばんすきな花 -ディレクターズカット版- Blu-ray BOX(ポストカード4枚セット付) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】いちばんすきな花 -ディレクターズカット版- Blu-ray BOX(ポストカード4枚セット付) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • 発売日: 2024/06/14
  • メディア: Blu-ray



セクシー田中さん(7) (フラワーコミックスα)

セクシー田中さん(7) (フラワーコミックスα)

  • 作者: 芦原妃名子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2023/10/13
  • メディア: Kindle版


ブログトップへ戻る
nice!(355)  コメント(72) 
共通テーマ:テレビ

2023夏ドラマー超大型ドラマ降臨 [ドラマ]

今年の夏は、暑くて長かったですね。
皆さん、たいへんご無沙汰してしまいました。

7月中旬くらいから、珍しく体調を崩してしまい、
次から次へとぼろが出だして、
普段はほとんど行ったことのない病院に、
毎週通う羽目に陥ってしまいました^^;

それも行ったとしても週末にしか行っていなかったのに、
ちょくちょくウィークデーにも行かなければならなくなり、
あれれ...、という感じです。

有給休暇も、毎年、働き方改革で定められている程度にしか取得していなかったので、
何だか結構、罪悪感を感じてしまいました。
(正式には労働基準法・就業規則が適用されない立場なので、有給休暇はありませんが)

ほかの人が穴をあけた仕事をカバーするために無理をしたことが発端となってしまったようです。

点滴.jpg

まずそれで寝不足になり、
不規則に睡眠をとっていたら、短い時間で目が覚めるようになり、
それではと、寝具を新調したところ、腰を悪くしてしまい、
ついに、急に会社を休んでウィークデーに病院にいかなければならなくなり、
人生で初めて点滴も受けました。
その後も数度にわたりぶり返し、ウィークデーに病院に行きました。

そしたら今度は、前歯が抜けてしまって、その関係で結局オペすることになりました。
今はオペ準備の治療中で、しっかり物が噛めない状態です。
オペ準備の治療やオペそのもののために、
今後もウィークデーに病院の予定を入れなくてはなりません。

私は去年の途中まで、8年間くらいずっとダイエットをしていたんですが、
新しい事業を立ち上げることに伴うストレスを、
食べることで発散をしてしまいダイエット前の状態に逆戻りしてしまいましたし、
通勤のストレスも軽減しようと車通勤に変えたところ、
知らないうちに長時間歩くことへの耐久力も減少してしまったようです。
前は電車に遅れそうになったり、電車が遅れて始業に遅れそうになると
走っていっても平気だったのですが、
今はそんなことをすると、息が上がって立っていられなくなります。
電車の中でへたり込んでいたりすると周囲の方に気を使わせてしまうので、
結局、ひと駅で降りて、ホームでへたり込んで回復をまったりするので、
意味がなかったりします。

もう一度ダイエットを開始しようと思うのですが、
一度変えた食習慣をなかなか元に戻せず、
8年前のように、何か覚悟をさせてくれるようなきっかけがないと、
厳しい感じです。

どうなることやら。

今年の夏ドラマですが。
壮大なスケールのドラマがラインナップされていましたね。

舞台のスケールも壮大でしたが、
出演していた役者さんたちのスケールも壮大で、
主役級がそろい、ビリングに困るほどでした。

最終回のビリングを確認してみたところ、
竜星涼と飯沼愛が、かなりいい位置に出てきてましたね。

その一方で、ドラムは十把ひとからげ的な扱いになっていました。
とても印象的な役柄で、
効果的に使われていたと思いましたが、
出番も多かったのに、ビリングだとこうなっちゃうんですね。
いずれにしても、見い出した人の慧眼は素晴らしいです。

中ドメは二宮和也で、
第2中ドメ?は橋爪功。

そしてトメには4人出てきて、
キムラ緑子、檀れい、松坂桃李、役所広司の順番でした。

役所広司が最も格が高いっていうのはわかりますが、残りの3人の序列ってどういう順になるのかな。

もちろん、役者としての格だけじゃなく、役柄の重要さなども加味されると思いますので、
それがそのまま、役者としての序列というわけでもないんでしょうけれど。


<VIVANT>
VIVANT.jpg

この夏一番の目玉ドラマでしたね。
特に、バルカ共和国の砂漠の風景を見てたら、
ベルトリッチの「シェルタリング・スカイ」を思い出しました。

あの月の砂漠も壮大で美しかったですよね。

今回の豪華メンバーの中の主役となったのは堺雅人でしたが、
特に初回あたりのへなちょこぶりを見て、
もっと颯爽とした人物が主役であることを期待していたので、
ちょっと心配になりました。

でもあれ、後から考えると本当の堺雅人ではなく、
特に砂漠に置き去りにされたシーンなどでは、周りに欺くための誰かがいたわけでもないので、
我々視聴しているものを欺くための演技だったってことになりますね。

あまりにも露骨にやったので、エクスキューズとして、本当の堺雅人の幻影?を登場させてたんでしょうかね。
後で言い訳できるようにでもしておかないと、さすがに心が痛んだのかな。

よく考えると、へなちょこだったら、ひとりで異国の知らない土地に渡ったりできないだろうし、
まともな会社だったらそんな無責任なことさせないですよね。
へなちょこに任せるには、大きすぎるビジネスでした。
そこをスーッと見せてしまうのは、演出の妙だったのかな。

そしてまんまと私は、
自分の意思ではない運命みたいなものに翻弄されて、
阿部寛や二階堂ふみやチンギスに、あっち行かされたりこっち行かされたりしながら
繰り広げられた壮大な逃走劇を、
ハラハラドキドキしながら楽しまされたってことになります。

本当は、すべてお見通しだったのに。

堺雅人が本当の自分を出したシーンで、また、私たちを驚かせて、
周囲にも、ほぼ正体がばれたところで、
その後はたくましい本当の堺雅人で通してました。

私は昔から、ミスリードされやすい質で、今回もまんまとやられてしまいました。
その分楽しませてもらったのかもしれませんが....

本当の堺雅人の幻影?にも違和感を覚えましたが、それともうひとつ、
林遣都と高梨臨のたびたび繰り返されるフラッシュバックにも違和感があったかな。
二人の物語上のひととなりが説明されていなかったので、
視聴者から見たら単なる役者として知っている林遣都と高梨臨なので、
見せられてもそれ以上の感情移入のしようがなかったです。
それと、桜井海音と堺雅人なら同じ人物に思えなくもなかったけど、
林遣都と役所広司は違う種類の人間のような気がして、すんなりと入ってこなかった。

これはタイムマシンに乗って撮影してくるわけにはいかないので、ある程度仕方のないことかもしれませんが、
何か本人を表すシンボルのようなしぐさや体の特徴でもあれば、
設定が入ってきやすかったかもしれません。
ただ、それだとバレバレになっちゃうかもしれないですけど。

桜井海音、秋元康のドラマに出てましたね。
広瀬すずのにも出てたかな。
今回は頭髪がさっぱりしてたので、
最初、みたことあるな~、誰だっけ?ってなりましたけど。
大人っぽくなっているように見えました。

物語の最後は、自分のルーツを取るのか、使命を取るのかということで、
まあこれも堺雅人は意志の強い人間の役だったので、
おそらく最初から決めていたんでしょうけど、
見ている方は、どっちに転ぶかハラハラしましたね。

ただ結局、世界を震撼させるほどの悪だと思っていたものが、
そこまでのものではなく、
むしろ徳を積んでおり、
私怨にのみ衝き動かされて、最後の罪を犯そうとするという話になって、
そこ?ってなりました。
そこに帰着するには、それまでの話のスケールが大きすぎたんじゃない?って。
それでもすっきりできるのかと思ったら、
もっとも共感できないものがサバイブして、
そんなことのために命を張ってたのかよって、なんだかスッキリできないまま終了になってしまいました。

この後スッキリできる何かが準備されているんでしょうかね。

二階堂ふみとのロマンスも、中盤とっても盛り上がっていましたが、
中途半端に終わってしまった感は否めません。

こちらも何かしらの形でスッキリさせてもらいたいですね。

<この素晴らしき世界>
この素晴らしい世界.jpg

若村麻由美、きれいでしたね。
可愛いというべきか。

まだまだ現役感もあって、
こんな奥さんもらえてたら、お得だよな~って感じでした。

多分、鈴木京香だったらこうはいっていなかったような気がします。

<真夏のシンデレラ>
真夏のシンデレラ.jpg

やっぱり夏は、夏らしいドラマがないと、ですね。
今年の夏はこれでしたね。

森七菜って、ちんちくりんだったんですね?
言われないとわかりませんでした。

顔が小さいと、大きく見えますよね。
テレビや映画で観てる分にはほとんどわからないのに、
言われちゃったらかわいそうな気がします。

誰もキョンキョンのこと、ちんちくりんって言わないですよね。

<関連記事>
2023春ドラマー日本のソフィー・マルソー誕生?
2023新春ドラマーやっぱり、日本人の最も好きなもの、友情
2022秋冬ドラマー思いがけず高校生の頃っぽい感覚になれました
2022夏ドラマー田舎の学生のころの想いの成就
2022春ドラマーキムタクより目立ってた?&無理してたわけじゃないよね?
2022新春ドラマー説明しづらいことを上手に言ってくれた?
2021秋冬ドラマー一瞬で取り戻す関係性
2021夏ドラマー日本人の大好物、友情
2021春ドラマーあの女優が大きな声を出してた?
2021新春ドラマーアニメよりむずかしい、生身の入れ替わり
2019-秋冬ドラマ スタッフたちのマリアージュ
2019-新春ドラマ キョンキョン系女子もあこがれる顔
2018-秋冬ドラマ 聖子ちゃんカット最強説
2018-夏ドラマ 停電で視聴も録画もできない日があるとは・・・
2018-新春ドラマ 松潤のすっとぼけvsアラフィフ女子
2017-秋冬ドラマ 陸王ってビジネスドラマだったんですね^^;
君の名は。-再会
君の名は。-ふたりはどこで恋に落ちたのか?
2016-秋冬ドラマ - 石原さとみ VS 新垣結衣
君の名は。-一人称感の強さと黒澤映画とバック・トゥー・ザ・フューチャー
2015-秋冬ドラマ 忘却探偵との距離の縮め方
夏のドラマサマリー2014~「HERO」と「アオイホノオ」それぞれの最終回~
アオイホノオ~そして最終回へ:山本美月と黒島結菜にみる「みゆき」~
夏のドラマサマリー2014~キムタク「HERO」の内容と視聴率にホッ&深夜ドラマが熱い!~
春のドラマサマリー2013~今が旬かも
最終回、キムタク、篠原涼子、北川景子の黄金のトライアングル-「月の恋人~Moon Lovers~」
首の曲げ方が…「ブザー・ビート」の相武紗季
一途なジェジュン-「素直になれなくて - HARD TO SAY I LOVE YOU」
北海道 エンジニア 




シェルタリング・スカイ [Blu-ray]

シェルタリング・スカイ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2023/11/15
  • メディア: Blu-ray



フジテレビ系ドラマ「この素晴らしき世界」オリジナルサウンドトラック

フジテレビ系ドラマ「この素晴らしき世界」オリジナルサウンドトラック

  • アーティスト: 村松崇継
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2023/09/06
  • メディア: CD



【Amazon.co.jp限定】真夏のシンデレラ Blu-ray BOX(L判ブロマイドセット(8枚)付) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】真夏のシンデレラ Blu-ray BOX(L判ブロマイドセット(8枚)付) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • 発売日: 2024/02/14
  • メディア: Blu-ray

 
ブログトップへ戻る
nice!(350)  コメント(48) 
共通テーマ:テレビ

2023春ドラマー日本のソフィー・マルソー誕生? [ドラマ]

雨の多い季節になりましたね。
皆さん、ご無沙汰してしまいました。

雨の多い季節といっても、私が住んでいるところは梅雨がないので、
東京に十何年も住んでいたことがある身としては、
そこまで多いとも感じないのですが、
こちらの人は、「蒸し暑い、蒸し暑い」とよく言っています。
そういうのを聞いていて、「どこが蒸し暑いんじゃい」
とよく心の中でツッコミを入れていますが、
こちらの人にしたら結構真剣に蒸し暑いと思っているようです。

このところ新しい事業を立ち上げたこともあって、
なかなか週末にのんびりすることもできず、
ブログにてご報告することもあんまりないのですが、
今年もGWにこちらの地方でも桜を見に行きましたので、
その時のことについて少し触れさせていただこうかと思います。

去年訪れて、結構穴場かな?と思った優駿さくらロードというところに再び行ってきました、
しかし、今年はなんと土砂降りでした^^;
それ以外、言いようがないのですが、
一応、その様子の動画を貼っておきます。=> 2023優駿さくらロード

その前の日は晴れて、十勝川公園というところで
キタキツネの狩りの様子を目撃しましたので、
そちらの動画も貼っておきます。
いつみても、野生の動物はやせてますね。
キツネはもともと痩せているイメージなので、
そんなもののように思いますが、
狸になると、太っているイメージがあるので、
野生のを見るとギャップをすごく感じてしまいます。
十勝川公園のキタキツネ.jpg
キタキツネの様子はこちら

今の時期は、もう一つエゾハルゼミというのが鳴く季節なので、その声は毎年必ず聞きに行きます。
ひぐらし系の鳴き声で、瑞巌寺などで真夏にひぐらしの鳴き声を聞くと、
少し涼をもらった気分になれますが、
エゾハルゼミの場合は、これから初夏が来る、
一番いい季節が来るぞ~っていう気分にさせてくれます。
それだけで幸せな気分になれますので、毎年欠かせませんね♪

また、桜を見に行ったついでに、
帯広の元祖豚丼屋「ぱんちょう」にもいってきました。
ここ、いつも人が並んでいて、
開店のだいぶ前から並んでいるのでどうしようもありません。
今年は、宿がこの「ぱんちょう」の並びだったので、
桜の名所や六花亭など名所を訪れたりしながら様子を見ていたら、
朝からずっと並んでいて、
お昼を過ぎても並んでいて、
夕方に差し掛かっても並んでいて、
「あれ?、これ一日中並んでるんかいな?」と思ってみていたら、
16:00過ぎに、30分から1時間ほど並ばない時間ができていました。
私はそのタイミングですかさず行って、効率よく豚丼を堪能できました。
なので、並ばないで食べたかったら、
それくらいに時間を狙っていくと良いと思います。


さて、今年の春ドラマですが、
ひと通りで出揃ったかな、と思った4月最終週の日曜の夜10時に、
見慣れない枠でドラマがひとつ始まりました。


<日曜の夜ぐらいは...>
日曜の夜ぐらいは.jpg

最初に観たときに、あれ?これNHKだったっけ?
と思うような、社会派の臭いのぷんぷんするドラマだな、と感じました。

少し設定が暗いような気がするけど、
こういった、不可抗力的に苦難を背負い込んでしまった人たちの中にある
かすかな灯火みたいなこと、大事にしてあげたいよな、とか、

これまでの人生の中でしてきた体験を考えれば、
素直になり切れなかったり、
余計な警戒をしてしまうことにも理解を示してあげなきゃな、とか、

こういうひとたちに心の底から楽しいって思って貰えるようにするには、
どんな風にアプローチしていったらいいんだろう、とか、

また恵まれない日常に戻ったとしても、
何とか乗り越えてほしいな、とか、

たしか第1回を見終えた時の感想は、このような感じだったと思います。

きっとこののち、
自分たちでさえギリギリの生活を送っているのに、
定職につかない主人公の父親にたかられたり、
放蕩するもう一人の主人公の母親に搾取されたりした末に、
紆余曲折を経て、
社会の不条理みたいなものを考えさせられるような結末になっていくのかな。
最後は少し大人になったような気分にさせられるのかもしれないけど、
その途中で描かれるであろう父親たちの所業をいやな思いをしながら見るのかもしれないな、
とか思いました。

でも、バス旅行の中で少しずつ清野菜名の心の壁が取りはらわられていき、
つらい時を生きてきたもの同士だけが分かり合えるひと時を過ごす様子が
見ているこちらにも多幸感を与えてくれていましたよね。

少し貧乏かもしれないけど、
気持ちを共有でき、立場を共有できる友人が身近にできた、
それも二人も。
これは刹那的なことなのかもしれないから、
後でつらくならないように、過大な期待はやめておこう、
と警戒する様子が、清野菜名のこれまでの人生に起こってきたことを
想起させましたよね。

そして、今回はどんな小さな幸せが描かれるんだろうと思って観た第2話。

そこでは経済面での大きな変化が描かれました。
自分たちの生きる苦しさが、単純に経済面のみに起因するものであるとしたら、
そのことで、小さな解決が起こり、
すこしだけ、そして一時だけ幸福になりシャンシャンするか、
またしばらくしたら元に戻って、前と変わらない日常を過ごすことになるか
だったと思いますが、
主人公は、自分が一番大切にしたいもののために、その経済面の変化を使っていました。

その投資の判断が素晴らしく、
そこからはどんどん良いスパイラルが回り出して
止まんなくなって、
おそらく一生ものの幸せを手に入れちゃいましたね。

私たちも、
良いスパイラルが回っていく中で体験することになる、
初めての出来事のドタバタ、初めてのワクワクなんかも楽しみながら、
じわじわ来る幸福の連鎖のおすそ分けをもらって、
毎週、休日のおわりを気分よく過ごさせてもらえたのかな、と思います。

このドラマが日曜の夜で、ホント良かったと思います。

友情って、ホント大事ですね。

三人?補欠入れて4人?の気持ちが揃わないと、
こんなことにはならないと思いますので、
一生大切にしてほしいですね。

どこかで何かの要因で破綻するんじゃないかって、
観てる方が勝手にハラハラして心配する感じって、
「電車男」のとき以来かな。

あの時もすべて取り越し苦労で、
結局、ただただ信じて観てればよかったわけで、
ものすごく後味がよかったですけど。
今回も同じですね。

前のクールにも、女性の友情を扱ったドラマがあって、
そちらの方は、最後の最後にそれが分かった感じでしたが、
こちらの方がより早めにそうだとわかりましたよね。

たぶん、男からすると、いや~いいな~っていう感じだったと思いますが、
女性の方もそう思ってくれるのかな?
安藤サクラだと納得だけど、清野菜名だと違うとかあるんですかね。

また、生見愛瑠って今クールで急に女優らしくなってて驚きました。
これだけじゃなくて「教場0」でも存在感発揮してました。
しっかり演じ分けていて、
特にこっちは、守ってあげたくなるような
けなげで繊細な女の子を上手に演じてましたよね。
自分の次のステップを考えていて、
そこに向かってしっかり努力してるのかもしれませんね。

<Dr.チョコレート>
Drチョコレート.jpg

こんな子、いるんだ~って驚かされたのが、Dr.チョコレートでした。
薬師丸ひろ子以来の衝撃でしたね。
観てるだけで幸せになっちゃいそうな子で、
こちらがハッとするような背伸びした演技もできるし、
子供らしい可愛らしさもしっかり持っているし、
特に表情のある時には、原色の洋服にも負けない華がありますよね。

日本のソフィー・マルソーかな。

大人たちの中に混じってやる役もいいですが、
子供の時にしかできない、子供たちの中でのお話しで、
一つは代表作を作っておいて欲しいですね。
「小さな恋のメロディ」とか「リトル・ロマンス」とか「ラ・ブーム」とか
そういった類のやつ。

このドラマには、斉藤由貴も出てましたが、
斉藤由貴って、いつからジト目になったんだろう。
「青春という名のラーメン」の頃は、ジト目じゃなかったですよね。
私はどちらかというとミポリン派だったので、はっきり覚えてないですが...

<シガテラ>
シガテラ.jpg

このドラマに出ていた関水渚が、体当たりな演技をしてたので驚きました。
彼女、今の大河ドラマにも出ていたようなんですけど、
そのときは、あんまり気にならなかったんですが、
このドラマ観て、高校生がここまでするの!って驚いたら、
実際の年齢は、そこそこ大人でした^^;
でも、体当たりなことには変わりなく、そこで結構やられました。
声も可愛いし、女優根性ありそうなので、ブレイクして欲しいですね。

彼女の役もエルメス系で(もう少し自分のあるタイプでしたけど)、
男にとってひとつの理想的なタイプでしたが、
3年後の後日談が、切なかったですね。

<教場0>
教場0_堀田真由.jpg

このドラマに事務員役で堀田真由がでていました。
この娘は、珍しく、表情のない方が可愛く見えますね。

キムタクはもう、若い女と深い仲になったりしないのかな。
竹内結子あたりが限界なんだろか。
美魔女が出てこないと、キムタクも共演者に困りそう。
松本若菜あたり?
格が合わないか。
身長も高すぎるのかな。

森高と共演しないかな。
「まんが道」に出てましたよね。 

<関連記事>
2023新春ドラマーやっぱり、日本人の最も好きなもの、友情
2022秋冬ドラマー思いがけず高校生の頃っぽい感覚になれました
2022夏ドラマー田舎の学生のころの想いの成就
2022春ドラマーキムタクより目立ってた?&無理してたわけじゃないよね?
2022新春ドラマー説明しづらいことを上手に言ってくれた?
2021秋冬ドラマー一瞬で取り戻す関係性
2021夏ドラマー日本人の大好物、友情
2021春ドラマーあの女優が大きな声を出してた?
2021新春ドラマーアニメよりむずかしい、生身の入れ替わり
2020冬ドラマーいつの間にか、いい男認定されてるんですね
2019-秋冬ドラマ スタッフたちのマリアージュ
2019-新春ドラマ キョンキョン系女子もあこがれる顔
2018-秋冬ドラマ 聖子ちゃんカット最強説
2018-夏ドラマ 停電で視聴も録画もできない日があるとは・・・
2018-新春ドラマ 松潤のすっとぼけvsアラフィフ女子
2017-秋冬ドラマ 陸王ってビジネスドラマだったんですね^^;
君の名は。-再会
君の名は。-ふたりはどこで恋に落ちたのか?
2016-秋冬ドラマ - 石原さとみ VS 新垣結衣
君の名は。-一人称感の強さと黒澤映画とバック・トゥー・ザ・フューチャー
2015-秋冬ドラマ 忘却探偵との距離の縮め方
夏のドラマサマリー2014~「HERO」と「アオイホノオ」それぞれの最終回~
アオイホノオ~そして最終回へ:山本美月と黒島結菜にみる「みゆき」~
夏のドラマサマリー2014~キムタク「HERO」の内容と視聴率にホッ&深夜ドラマが熱い!~
春のドラマサマリー2013~今が旬かも
最終回、キムタク、篠原涼子、北川景子の黄金のトライアングル-「月の恋人~Moon Lovers~」
首の曲げ方が…「ブザー・ビート」の相武紗季
一途なジェジュン-「素直になれなくて - HARD TO SAY I LOVE YOU」
北海道 エンジニア 

ANTENNA (初回限定盤)(DVD付)

ANTENNA (初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: Mrs. GREEN APPLE
  • 出版社/メーカー: Universal Music
  • 発売日: 2023/07/05
  • メディア: CD









シガテラ(2) (ヤングマガジンコミックス)

シガテラ(2) (ヤングマガジンコミックス)

  • 作者: 古谷実
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/10/17
  • メディア: Kindle版


ブログトップへ戻る

nice!(366)  コメント(40) 
共通テーマ:テレビ

2023新春ドラマーやっぱり、日本人の最も好きなもの、友情 [ドラマ]

皆さん、ご無沙汰してしまいました。

WBC、盛り上がりましたね。
ペッパーミルパフォーマンスとか、
ヌートバーとか、
ダルビッシュや大谷のリーダーシップとか
村上への信頼とか
話題の作り方も上手で
改めて野球の面白さを味あわせてもらいました。

監督も久しぶりに経験豊富な監督らしい監督で、
思慮深く冷静で選手のことを信頼しチームをひとつにまとめ上げる
素晴らしい手腕を見せてくれていました。

ヌートバーのことを"タッちゃん"って呼んだりしていましたけど、
あれは、あの有名なラブコメ野球漫画の"タッちゃん"のイントネーションなんですよね、きっと。
若いアナウンサーで、違うイントネーションの”たっちゃん”(まっちゃん風のたっちゃん)て発音している人がいましたが、さすがにあの超有名作も、
令和の世ではそこまで浸透していないってことなのかな?

また、どの試合も熱戦になって慎重になる分、時間が長かったですよね。
他のスポーツとの人気競争で、
メジャーリーグでピッチクロックなるものが導入されるのも、
さもありなんということなのでしょうか。


昨年、どうしても東京の桜が見たくなり、3月下旬に19年ぶりに上京しました。

満開になる時期を考えに考えて、3月の最終週の土日に行ったのですが、
なんと、行った日の午後に満開宣言という綱渡りぶりでした。

やっぱり桜は最高で、さらに過去の自分を振り返る旅ともなり、
久しぶりの東京に、非常に感銘を覚えました。

そして、絶対再訪しようと心に決めました。

桜20230401_天王洲アイル.jpg

そういった余韻が冷めやらぬ間に、
あっという間に月日は流れ、
いつしか、今年分の航空機や宿の手配をおこなうタイミングに。

そこで迷ったのが日程です。

昨年と同じように3月の最終週とすると、暦の関係で、
昨年より1日早く訪れることになります。
もし、昨年と同じような桜前線の進み方であれば、
満開前に着いちゃいます。

しかし、ここ数年の傾向では温暖化の影響もあり、
早めに開花することが多くなってきています。

悩みに悩んだ末に、前年の経験を尊重し、
早くいきすぎてはいけない、ということで去年より一週間後の、
4月第1週の週末に行くことにしました。
仮に少し早く開花したとしても、満開であるうちに訪れることになるであろう
という考えもありました。

またきっと、4月には4月の街の雰囲気があるだろうから、
今年はそれを味わいたい、という思いもありました。

ところがです。

今年の東京は、桜前線の歩みが異常に早く、
西日本などに先がけて、
3月中旬には開花、その一週間後には満開となり、
訪れる予定の10日も前に満開となってしまいました。

桜前線のニュースを見ながら、あ~!、ってなっていて、
昨年並みに一週間前にしておけばよかった~っと後悔することに。

あとはもう、穏やかな日が続いて、何とか持ちこたえてくれ~と願う日々。

そして祈るような気持ちで4月の旅路に向かったわけです。

去年は初日に目黒川(中目黒駅)に行ったんですよね。

でもそこで人に酔った感じになったので、今年はやめておこうかなと。

替わりに、大崎の居木橋のあたりから五反田方面に歩く目黒川沿いの桜を楽しみました。

桜20230401_居木橋4.jpg

たぶん最盛期ではなかったと思いますが、まだまだ見事な桜が残っており、
加えて川面や歩道がたくさんの桜の花びらに埋め尽くされていて、
それはそれで貴重な桜の有り様を見せてくれていました。

そのあとはやはり、自分の東京での地元である世田谷の桜三昧に出かけて、
昨年訪れた祖師谷公園や上北沢商店街のほかに、
去年教えていただいた成城学園や、
下高井戸の日大通りの桜並木なんかも楽しみました。

桜20230402_祖師谷公園.jpg

また、去年はいかなかった母校にも足を延ばしてみたら、
正門の前で写真撮影をしている新入生と親御さんとおぼしき方々もいて、
4月らしい風景も楽しめました。

ただ、この一年、電車を使わず車を多用してきたことや、
純粋に訪れた桜の名所の数が多く、その分歩いたことで、
完全に足が棒のように。

1日目の終わりに下北沢も再訪したんですけど、
着いた時には、かなりダメになっていました。

それでもクレープ屋さんの前や、
かつての自分の住処をまわったので、
ホテルに向かう際にとおった、渋谷駅の井の頭線からJRへの下り階段では
膝が抜けたようになっちゃいました。

そんなふうになったのは、ずいぶんと久しぶりです。

前述のとおり、二日目は世田谷のあたりをたくさん回る予定でしたので、
ホテルで必死に養生してでかけたものの、
やはり途中からヘロヘロになって、やっぱり最後に飛行場に向かう途中で、
渋谷駅の下り階段で、再び膝が抜けたように。

たくさん歩いた後の渋谷駅の下り階段は鬼門ですね^^;

そんなこんなでしたが、今年も桜が堪能出来て大満足です!

<<動画版はこちら>>

行ったのが遅かったのもあって、記事を書くのが遅れてしまい
ゴメンナサイです。


さて、今年の新春ドラマですが、
バカリズム氏にすっかりだまされました。

<ブラッシュアップライフ>
ブラッシュアップライフ.jpg

これまでのバカリズム氏脚本のドラマって、
どこかしらに少しすっとぼけたような
芸人らしいシニカルなほり方をしている部分があって、
それが個性になってましたよね。

今回のこのドラマも、
人生を繰り返すというシチュエーションの中で繰り広げられるドタバタを楽しむもので、
そのドタバタを表現する視点に芸人らしさが出ていたように思えたので、
そこを面白がっていればいいものなんだろうと思って観ていました。

それぞれの回の人生にその回ならではの差異があり、今回のあれはこうなったのか~って
その変えた部分のセンスを楽しんで、
バカリズム氏らしいオチだよねって思う。
それで十分毎週楽しみで、今クールの中では1,2を争う面白さだよねって感じ。

3回目4回目の人生では、そろそろマンネリかな?って思ったり...

ところがそれらは遠大な前振りだったわけです。

バカリズム氏は、わかってたんですね。

何十年も変わらない友情こそが、この世で最も尊いもののひとつだということが。
それをを得るために、何度でも人生をかけるだけの価値があるということが。
平凡で日常的なものの中にそこはかとない幸せがあることが、
この上ないものであるということが。

ホントそうですよね。

すっかり騙されて、最終回に思いがけない幸せなサプライズ(やられた感)をもらってしまいました。

最初からこれを狙って逆算し、そこにいたるまでの伏線、エピソードの盛り込みをしてたとしたら、真のプロですね。

こういうことを映像で証明してみせるの、
結構難しいと思うんですが、しっかり表現できていました。
素晴らしいです。

きっと、バカリズム氏本人も友情を大切にされる方なんだと思います。

友情を育むグループの中で、夏帆だけ同級生に見えませんでしたけど、
いないと少し地味な感じになってしまうかもしれないので、いてよかったかな。

安藤サクラって、いま、いい女枠なんでしょうか?

「愛と誠」くらいの時には考えられなかったような気がしますけど、
「ゆとりですがなにか」の時も、いい女には見えなかったですよね。

それが今回は、場合によってはそう見えてました。

そういうのも実力がついたうちなのかもしれないですね。


<Get Ready>
GetReady.jpg

ここのところ好調だった日曜9時枠。

今回も期待しましたが、
特に、最初の何回かでは、
妻夫木聡が、ターゲットを助ける助けないを決めるくだりに納得感がなかったのが気になりました。

何か無理やりしちめんどくさくしてるだけに感じましたので、
そこは演出が弱かったな、と思います。

話が進み主人公が抱えている過去が明かにされていくにしたがって、
さもありなん的なことにはなりましたが、
最初は単なるわがままに聞こえて、
そこで主人公の印象がいやなやつっていう方に少し傾いちゃいましたよね。

本当に嫌な奴の話ならそれでもよかったと思いますが、
そういうことでもなかったので。

人助けなのか復讐なのか、
世を捨てて金に執着しているのか、それは照れ隠しで本当は誇り高い孤高の技術者なのか
なかなかにふに落ちづらく、その分感情移入もしづらかったですよね。

<大病院占拠>
大病院占拠.jpg

Get Readyもマスクをしていましたが、
こちらもマスクが印象的でした。

最後までマスクで通してくれるのかと思っていたら、
程なくマスクを取っているシーンが多くなってしまいました。

ロボコップなんかもそうでしたが、
役者をやっている限りは、顔を出してこそなんぼ、
ということなんでしょうけど、
覚悟を決めて、最後の最後まで正体を明かさないでいてくれたりしていたら、
また評価も違ったかもしれませんね。

マスクを外してからは、人間らしい弱さみたいなものが垣間見えてきちゃって、
最初に感じていた犯人たちに対する得も知れぬ恐怖感が
減衰していったような気がしました。

犯人たちは最後まで冷徹で、何をしでかすかわからないっていう方が
最後まで緊張感をもって観れたかもしれません。

最後は犯人たちが等身大になっちゃってて、
それぞれの事情に同情しなくちゃなんないの?
それじゃあ、解決してもすっきりしないかも?
的なことになっていた印象もあります。

それにしても、こういう謎の多いドラマは、ためておいて一気見すると、気になって次から次へと見ちゃいますね。

<関連記事>
2022秋冬ドラマー思いがけず高校生の頃っぽい感覚になれました
2022夏ドラマー田舎の学生のころの想いの成就
2022春ドラマーキムタクより目立ってた?&無理してたわけじゃないよね?
2022新春ドラマー説明しづらいことを上手に言ってくれた?
2021秋冬ドラマー一瞬で取り戻す関係性
2021夏ドラマー日本人の大好物、友情
2021春ドラマーあの女優が大きな声を出してた?
2021新春ドラマーアニメよりむずかしい、生身の入れ替わり
2020冬ドラマーいつの間にか、いい男認定されてるんですね
2020-シーズンの区切りがぐちゃぐちゃに^_^;
2020-コロナ禍のドラマ マッシュと再放送
2020-新春ドラマ ささやき話術とダメ男ぶりの交錯
2019-秋冬ドラマ スタッフたちのマリアージュ
2019-新春ドラマ キョンキョン系女子もあこがれる顔
2018-秋冬ドラマ 聖子ちゃんカット最強説
2018-夏ドラマ 停電で視聴も録画もできない日があるとは・・・
2018-新春ドラマ 松潤のすっとぼけvsアラフィフ女子
2017-秋冬ドラマ 陸王ってビジネスドラマだったんですね^^;
君の名は。-再会
君の名は。-ふたりはどこで恋に落ちたのか?
2016-秋冬ドラマ - 石原さとみ VS 新垣結衣
君の名は。-一人称感の強さと黒澤映画とバック・トゥー・ザ・フューチャー
2015-秋冬ドラマ 忘却探偵との距離の縮め方
夏のドラマサマリー2014~「HERO」と「アオイホノオ」それぞれの最終回~
アオイホノオ~そして最終回へ:山本美月と黒島結菜にみる「みゆき」~
夏のドラマサマリー2014~キムタク「HERO」の内容と視聴率にホッ&深夜ドラマが熱い!~
春のドラマサマリー2013~今が旬かも
最終回、キムタク、篠原涼子、北川景子の黄金のトライアングル-「月の恋人~Moon Lovers~」
首の曲げ方が…「ブザー・ビート」の相武紗季
一途なジェジュン-「素直になれなくて - HARD TO SAY I LOVE YOU」

北海道 エンジニア 





ブラッシュアップライフ ~平成の答え合わせMIX~ By DJ和 (特典なし)

ブラッシュアップライフ ~平成の答え合わせMIX~ By DJ和 (特典なし)

  • アーティスト: DJ和
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックレーベルズ
  • 発売日: 2023/03/08
  • メディア: CD



ドラマ「ブラッシュアップライフ」オリジナル・サウンドトラック

ドラマ「ブラッシュアップライフ」オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: fox capture plan
  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2023/03/08
  • メディア: CD


ブログトップへ戻る



nice!(378)  コメント(27) 
共通テーマ:テレビ

2022秋冬ドラマー思いがけず高校生の頃っぽい感覚になれました [ドラマ]

皆さん、ご無沙汰しています。

冬になりましたね。
昨シーズンの冬は、始まりは遅かったのですが、
格別に深くて、
交通網がズタズタにやられ、
それが一週間も続くということが
二度ほど起こるという、
生まれて初めての経験をしました。

そしたら今年もなかなか冬が始まらず、時間が過ぎました。
冬が始まらないのは、本来はとても嬉しいことなのですが、
昨シーズンのことがあるので、
今年もか?
と、不安になります。

今年は25年ぶりにストーブを入れ替えました。
煙突を部屋の外に出すタイプなので、
買い替えというよりも、入れ替えという感じなんですよね^^;

前のストーブ、25年前のでしたけど、
全然古臭くなく、
暖まり方も問題なかったんですが、
ちょくちょく芯が熱くなりすぎるっていうエラーが出るようになっていました。

分解掃除をしてセンサーが感知する対象のところをきれいにしたら
治るんじゃないかとも思いましたが、
これ以上酷使するのもかわいそうかなってことで、
引退させてあげました。

コロナ前はしばらくずっとお正月にクラス会があったんですが、
今回もお誘いがなかったので、中止のようですね。

クラス会があるときはその日に合わせて露天風呂の宿に泊まっていましたが、
ないので、昨年と同じく、年越し露天風呂です。

あとで行ってきます。


<<動画版はこちら>>


また、今日の夕方お墓参りに行って来たら、
割と森の中にあるのですが、
ちょっと時間が遅かったので、
お墓にこんな遅くに人は来ないだろうと思ったのか、
シカが20頭ほどたむろしていて、
感覚的にはその中を縫って自分ちのお墓にたどり着いた感じです。

彼らにはガン見されました。
少し近づくと、軽やかに跳ねながら少しよけて行ってました。

ここは数年前から、初夏になるとマーガレットが群生するようになって
その季節に訪れると圧巻です。

子供の頃によく見たマーガレットに比べると背丈が高いように思えますが、
マーガレットにもセイヨウマーガレットなるものがあるんですかね?

そんなこんなで今年もまた年の瀬を迎えました。

今年も相変わらず、「紅まどんな」を堪能しています


さて、今年の秋冬ドラマですが、
割と豊作であるという評判のようですね。

その中で、最も次の展開が気になった、
というか、本懐を遂げるのか遂げないのか気になったのが、
「エルピス」かな。

<エルピス>
エルピス2.jpg

内容的には、長澤まさみと眞栄田郷敦のW主演という感じでしたね。

どちらの視点からも描かれていて、
どちらの独白もありましたよね。

眞栄田郷敦が長澤まさみを引きずり込んでからは、
片方が気力充実の時はもう片方は気力減退、
別の片方の使命感みたいなものが復活してきたら、
もう片方は、やられて意気消沈みたいになって、
イキドマリになりそうになるたびに、
うまくバトンタッチされてWエンジンで話が進展していって、
そのバランスがどちらに偏るわけでもなく、
まさに、W主演という感じ。

長澤まさみは、ご存じの通り、主役を張れる女優さんであることは
衆目の一致するところですが、
眞栄田郷敦は、ついこないだラグビーの話でドラマデビュー
してたよなっていう印象だったので、
長澤まさみと堂々と渡り合っているのはスゲェなと思いました。

それも、基本的にはずっときれい目のお姉さんで通した長澤まさみと違い、
育ちがよくチャラそうなボンボンから、
うらぶれて小汚いジャーナリストまで、一作の中で幅広く演じ分けていたのは
賞賛に値するんじゃないかと思います。

見た目だけじゃなくて、
きちんと俳優としての上質の存在感を出せていたのはすごいです。
渡辺謙とか中井貴一とかが鬼気迫る演技をした時と同じような質感を感じました。

今の段階でこんだけ出来たら将来明るいですね。
やっぱり、ハリウッド行っちゃうのかな。

長澤まさみも、もうちょっとでくわれそうな感じでしたけど、
ギリギリ耐えたかな、と思います。

長澤まさみって、
ほんとのところは信頼しているのに、
うわべでは信頼していないように装って、
結果的に行動で信頼が伝わってきて、ジーンとさせるっていう演技が上手ですよね。

最近だと、「シン・ウルトラマン」とか、「真田丸」もそんな感じだったかな。
ちょっとマイナーですが、「散歩する侵略者」とか。

気持ちと裏腹の態度を見せられてミスリードさせられ、
のちにやってることを総合してみたら、あ~そうだったのかぁって。

エルピス.jpg
また、中盤での鈴木亮平の長澤まさみへの態度が、
典型的な女が虜になってしまう男の態度であるそうな。

男の子にはわからないけど、女の子にはビンビンきちゃったみたいですね。

そこのところが理解できる一握りの男の子だけが出来る芸当のようです。

スタッフはもうちょっと長澤まさみをきれいに見せてあげることができなかったのかな?

あれが限界ってこと、ないですよね。

肝心の、長澤まさみと眞栄田郷敦は、ジャーナリストとしての本懐を遂げたのか?
という部分ですが、残念ながら、演出の意図がストレートに我々に伝わってきた、
ということはなかったように思います。

なので、本来最後に味わえると思っていた超弩級のカタルシスは、
味わえなかったですよね。

世の中というものは複雑で、一筋縄ではいかない、ということなんかも含めて、
繊細に表現しようとチャレンジしたのかもしれませんが、
結局、それはやりすぎだったってことでしょうか。

それとも、自分たちがまさに属している世界なので、
ホントのことを描かざるを得なかったのかな。


<差出人は、誰ですか?>
差出人は誰ですか?.jpg

このところちょくちょくある、秋元康原案のドラマで、
知っている女優さんや俳優さんもほぼいなかったので、
最初は全然興味がなかったんですが、
高校生活の描き方が、割とそれっぽくて、
時代は違うのに、
見てるうちに自分の高校生活をも思い出させるくらいに感じてきちゃって、
最後まで見てしまいました。

主演の女の子が素朴な感じで、
純粋で、いい意味で何も知らず真っ白な感じがよかったのかもしれません。

原作者の高校時代のイメージが知らぬ間に投影されて、
それで自然と共感が持てたのかな。

幼くて少し印象が薄いイメージだった主演の女の子も、
回が進むと観てるうちに感情移入できるようになってきて、
そうするとだんだん可愛らしく見えてきて、
最後にはちょっときれいに見える時もあるんだなってことになっていました。

徐々に大人っぽいメイクを施していったっていうのもあるんでしょうけど、
短い期間でも、女の子って成長してきれいになっていくんだって、
改めて感じましたね。

そういう女の子を見出す人の眼力って、すごいですね。


<アトムの童>
アトムの童.jpg

主要キャストの降板で、スタートが遅れてしまった「アトムの童」。

山崎賢人のロン毛、似合ってましたね。
同世代の若手たちから頭ひとつ抜けるカッコよさだったと思います。

ゲーム業界に一石を投じる若者の話だったので、
枠が持っている視聴層と合っていたかどうか微妙でしたが、
私は好きでした。

なんといっても、山崎賢人と松下洸平の友情が素敵でした。

ただし、そんな二人の素敵な友情も、
間に立ってくれる人がいないと空回る、
というのが、いかにもありがちで面白かったです。

学生の時、間に立ってくれていた男の子、
その男の子がいなくなって空回っていた時に登場し、
ふたりの接着剤となって、名コンビ復活に導いてくれたのが岸井ゆきのでした。

「エルピス」の眞栄田郷敦同様に、
日曜9時のヒロインをやるほどなんだろか?、と思いましたが、
やってみると堂々としてて、これも実力を発揮してましたね。
見直しました。

表情のないときに、やはりまだ少し華がなくなっちゃう感じなので、
そこが課題かもしれませんね。

<関連記事>
2022夏ドラマー田舎の学生のころの想いの成就
2022春ドラマーキムタクより目立ってた?&無理してたわけじゃないよね?
2022新春ドラマー説明しづらいことを上手に言ってくれた?
2021秋冬ドラマー一瞬で取り戻す関係性
2021夏ドラマー日本人の大好物、友情
2021春ドラマーあの女優が大きな声を出してた?
2021新春ドラマーアニメよりむずかしい、生身の入れ替わり
2020冬ドラマーいつの間にか、いい男認定されてるんですね
2020-シーズンの区切りがぐちゃぐちゃに^_^;
2020-コロナ禍のドラマ マッシュと再放送
2020-新春ドラマ ささやき話術とダメ男ぶりの交錯
2019-秋冬ドラマ スタッフたちのマリアージュ
2019-新春ドラマ キョンキョン系女子もあこがれる顔
2018-秋冬ドラマ 聖子ちゃんカット最強説
2018-夏ドラマ 停電で視聴も録画もできない日があるとは・・・
2018-新春ドラマ 松潤のすっとぼけvsアラフィフ女子
2017-秋冬ドラマ 陸王ってビジネスドラマだったんですね^^;
君の名は。-再会
君の名は。-ふたりはどこで恋に落ちたのか?
2016-秋冬ドラマ - 石原さとみ VS 新垣結衣
君の名は。-一人称感の強さと黒澤映画とバック・トゥー・ザ・フューチャー
2015-秋冬ドラマ 忘却探偵との距離の縮め方
夏のドラマサマリー2014~「HERO」と「アオイホノオ」それぞれの最終回~
アオイホノオ~そして最終回へ:山本美月と黒島結菜にみる「みゆき」~
夏のドラマサマリー2014~キムタク「HERO」の内容と視聴率にホッ&深夜ドラマが熱い!~
春のドラマサマリー2013~今が旬かも
最終回、キムタク、篠原涼子、北川景子の黄金のトライアングル-「月の恋人~Moon Lovers~」
首の曲げ方が…「ブザー・ビート」の相武紗季
一途なジェジュン-「素直になれなくて - HARD TO SAY I LOVE YOU」

北海道 エンジニア 





それでも春夏秋冬

それでも春夏秋冬

  • 出版社/メーカー: UNIVERSAL MUSIC LLC
  • 発売日: 2022/11/30
  • メディア: MP3 ダウンロード



【Amazon.co.jp限定】アトムの童 Blu-ray BOX(ポストカード3枚セット付) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】アトムの童 Blu-ray BOX(ポストカード3枚セット付) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • 発売日: 2023/03/31
  • メディア: Blu-ray



TBS系 日曜劇場「アトムの童」オリジナル・サウンドトラック

TBS系 日曜劇場「アトムの童」オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: オリジナル・サウンドトラック
  • 出版社/メーカー: SMM itaku (music)
  • 発売日: 2022/12/07
  • メディア: CD



ブログトップへ戻る

nice!(405)  コメント(76) 
共通テーマ:テレビ

2022夏ドラマー田舎の学生のころの想いの成就 [ドラマ]

皆さん、ご無沙汰しています。

今年は残暑がきつく、
私が住んでいるところでは、
観測史上初の10月の真夏日が出現してしまいました。

けれどようやくこないだの雨で季節ががらっと変わり、
ストーブつけようかなぁってくらいに。
季節の変わり目っていつも突然やってくるので、
何度経験しても驚いちゃいますね。

例年は、11月下旬には冬らしくなってしまいますが、
今年はどうかな。

ちなみに昨年は、冬の入りがものすごく遅かったのですが、
冬の盛りが深く、
記録的な大雪となりました。

JRやバスが数日にわたってストップしたことが何度もあり、
社会活動に影響を与えていましたが、
コロナによるリモートワークの浸透があったおかげで、
そこまで大事には至らず通り過ぎたっていう感じでした。

できれば今年は普通にしてほしいかな。

よろしくお願いしたいです。

ちなみに、会社の年賀状のデザインのラフ案を、
この連休中に考えました。
来年はうさぎ年ですね。

軽自動車車検場.jpg
実は私、
昨年の12月に自転車替わりの軽自動車を買い替えておりまして、
それの車検が10月上旬に切れるため、
先月自前での車検にチャレンジしてきました。

自前での車検は昨年の春に一度体験済みなので、
今回が2度目となります。

前回は、最初に並んだ時に、フロントランプのレベライザーの設定をしくって
調整後、もう一度並び直すということになってしまいましたが、
今回はすべてが完璧に進み、費用も最低限で済みましたので、
ご報告してみようと思います。

最初に、有利な条件として、
軽自動車車検場が、家から車で10分程度のところにあります。
これにより、心理的な障壁が非常に低い状態で臨めています。
こういうことは気持ちの余裕が大事です。
なので、何かあってもリカバリーが利くように、早めに取り掛かっています。

車検満了日の1か月前から車検を受けることができ、
車検を受ける日の2週間前から、予約できます。
10/5が満了日でしたので、8/20頃にはネットで予約していたと思います。

早めに予約すれば、まだ予約もスカスカで、自分の受けたい日、
受けたい時間帯が余裕で選べます。

週末や祝日はしておりませんので、
平日に行くのですが、
その平日の前の週末に、ディーラーに行き、
自賠責の更新と、自賠責の更新をするついでに(おまけで)、
併設している工場で、シャフトブーツに異常がないかみてもらいます。
ちなみに自賠責が¥19,730.-
その足で念のためにカー用品屋さんでオイル交換(エレメントも)したので、
それが、¥3,100.-
さらにその足で、洗車場に向かい足回りを中心に洗車して、¥600.-
自宅の車庫に戻って、去年買ったヘッドランプをクリーニングするグッズで
ヘッドランプをクリーニング。
昨年は、念のためにワイパーを全とっかえしましたが、
今年は、そのままで行ってみることにしました。

そして、車検当日、9時前に車検場について、
書類を3枚書いて提出。
重量税¥5,000.-と車検費用¥1,800.-を支払って、
検査の列に並んだら、まだ全然並んでなくて、
ハザードランプをつけておけば、
車検場の人が慣れてない人だと認識してくれて、
きちんとフォローしてくれるので、
言うとおりに検査を進めていたら、
めでたく一発合格。

車検場事務所でほどなく車検証やシールが発行され、
9時半前には解放されました。

その足で会社に向かったら、10時頃には着けたので、
車検通したにもかかわらず、1時間程度の遅刻で出社できて、
あれ?今日ってホントに車検通してきたんだよな?
ってなって、とにかく順調でスムーズな車検でした。

〆て、¥30,230.-というところです。
オイル交換は念のためだったので、それを除けば、¥27,130.-でした。

めでたしめでたし。


さて、今年の夏ドラマですが、
というより、間宮祥太郎、また主演級でドラマ出演していましたね。
さらにブレイクさせようとしてるのかな?

前の二つの役が、それなりに印象的な役だったので、
もうちょっと余韻に浸っていたいと思っても、
強制的に書き換えられちゃいますね。

私も二つまでは何とか許容範囲のように感じましたが、
三つ目で、前の二つが吹き飛んじゃいました。

ご本人のところには、どのような声が届いてるんですかね。

<魔法のリノベ>
魔法のリノベ.jpg


波留は、主演女優として、安定していますね。
特に、今回のように日常を描いていくようなドラマの場合、
ちゃんと彼女の味のようなものを出して、
引き込ませてくれますよね。

主人公のこだわりや、
スーパーな感じなのかと思ったら、
ところどころ至らなさや過去の失敗が垣間見えるなど、
少しだけ尊敬できて、
でもやっぱり等身大で、だから同化できそうな気になれて、
応援したくなるようなところ。
うまく出せていますよね。

その点では、間宮祥太郎はまだ少しぎこちないかな。

だけど、偉そうにしないキャラなので、その分、好感度はもらえてたかもしれません。

最初は全くの師弟関係という感じで、
ビジネス上の関係だけだったように見えましたが、
徐々にプライベートに互いが侵食してきちゃって、
そこの部分の描写、自然に感じましたよね。

そういった気持ちが出たりひっこんだりする感じ、
結構楽しめたんだけど、
そのドタバタ、最後まで引っ張ってほしかったかな。

最終回より少し前に気持ちが成就してしまって、
そこから少し盛り下がるような恋心の遷移になっていたようなので、
結局最後もビジネスパートナー色、強かったですよね。

あと、ドラマ中のCMに波留が出てきて、
それがものすごく可愛くてきれいで、
こうできるんだったら、ドラマでもこうすればいいのに、
って思ったんですけど、
ドラマの中では働く女性って役だったので、
わざとあまりキラキラさせなかったのかな?

恋する気持ちが大きくなるにしたがって、
見栄えもそちら側に少し振ってあげても良かったような気もします。

<オールドルーキー>
オールドルーキー.jpg

何かと世の中を騒がせている綾野剛主演のドラマ「オールドルーキー」。
スポーツ選手のセカンドキャリアにスポットを当てたお話でした。

スキャンダル対策なのか、
夏ドラマとしてはものすごく早く始まって、早く終わりましたよね。
次のドラマが、しばらく始まらないので、すごく間隔があいちゃっています。

日曜9時は、強力な作品が続いて、視聴習慣もできていたように思いますので、
それがチャラになっちゃうのはもったいないですね。

本当の自分と異なるキャラクターをいくつも演じ分けることができるのが
演技力なのでしょうけども、
昔と違って、リアルの方で尊敬できない行動をとっていて、
それが発覚すると許してもらえない時代ですから、
時代感覚をもって、しっかり適応していってもらいたいですね。

今回のドラマでは、スキャンダルがあったことの反動なのか、
より実直で、家族のことが思いやれて、
過去の自分になかなか踏ん切りがつけられない弱さや、
新しいことに取り組んでいく中で直面する不安、
日本を代表するスポーツマンであった経験から来る
トップアスリートへの深い理解など、
応援したくなる人物像をわかりやすく演じていたと思います。

普段より謙虚な側に振れていたのは、
スキャンダルと無関係ではないように感じました。

なるたけ世間の心証は良くしておきたい時期ですもんね。

一方、反町隆史演じる社長のキャラが、
ちょっと認識しづらかったですよね。

豊富な経験と大きな心を持つ人物として全幅の信頼を寄せていいのか、
実は、腹黒さを秘めていて、社員を使い捨てしちゃうような人なのか、
トラウマによって病んでいる部分があって、
清廉な綾野剛との交流を通して、癒えていく話なのか。

わかりづらかったというのは、やはり脚本や演出が弱かったのか、演技力なのか、
結局、どの特徴も深くなく、
かっこいいけどどっちつかずの小市民的な印象で終わっちゃいました。

芳根京子に関しては、
去年の「半径5メートル」以来、
なんかざわざわする女優さんになっています。
あのときからアメリカンニューシネマに出てきた女優さん
みたいに感じるようになっちゃったんですよね。
おそらくもう、自分をさらけ出せる感覚になっているんじゃないでしょうか。

オールドルーキー2.jpg

あ~、それと、劇中で綾野剛が正社員になったお祝いに、
同僚から仕事用の靴をプレゼントしてもらうんですけど、
それがスニーカーなんですよね。
また、別の番組(音楽番組)で福山雅治が演奏しているときに、
スニーカーはいてました。
うちの会社でも、スーツにスニーカーを履いている人がいて、
スニーカーってビジネスシーンでも市民権を得てきているんでしょうか?

私はまだ少し違和感があるんですが、
一昔前に、電車でメイクをする女性がだんだん増えてきた時と同じ感覚なのかな?

時代はいつのまにか変化していきますね^^;


<消しゴムをくれた女子を好きになった。>
消しゴムをくれた.jpg

田舎の学生のころの想いの成就って、男の子の夢ですよね。
このドラマの大橋和也くんの気持ち、よくわかります。

そして、そんな話をやってると、何をおいても観たくなっちゃいます。

このドラマも深夜に30分だけやっていた、
キャストになじみも何もなかったドラマでしたが、
毎週楽しみにして観ちゃいました。

話に聞くには、そんな風に思うのは男の子だけで、
そんな女の子の気持ちを知らない男の子は、
女の子も自分と同じように思い続けてくれていると誤解し、
夢を見るわけです。

たいていは、多くの時間を経た後に、夢が破れたことを認めざるを得なくなるわけで、
このドラマの大橋和也くんのように答え合わせができることすら
稀なのではないでしょうか。

せめて、物語の中だけでも夢を見たい、そう思いますよね。

そして、自分だけは思いが遂げられるって思うのかな。

若いころの消しゴムのやり取りというと、
プロポーズ大作戦の健と礼のエピソードにもありましたよね。

<関連記事>
2022春ドラマーキムタクより目立ってた?&無理してたわけじゃないよね?
2022新春ドラマー説明しづらいことを上手に言ってくれた?
2021秋冬ドラマー一瞬で取り戻す関係性
2021夏ドラマー日本人の大好物、友情
2021春ドラマーあの女優が大きな声を出してた?
2021新春ドラマーアニメよりむずかしい、生身の入れ替わり
2020冬ドラマーいつの間にか、いい男認定されてるんですね
2020-シーズンの区切りがぐちゃぐちゃに^_^;
2020-コロナ禍のドラマ マッシュと再放送
2020-新春ドラマ ささやき話術とダメ男ぶりの交錯
2019-秋冬ドラマ スタッフたちのマリアージュ
2019-新春ドラマ キョンキョン系女子もあこがれる顔
2018-秋冬ドラマ 聖子ちゃんカット最強説
2018-夏ドラマ 停電で視聴も録画もできない日があるとは・・・
2018-新春ドラマ 松潤のすっとぼけvsアラフィフ女子
2017-秋冬ドラマ 陸王ってビジネスドラマだったんですね^^;
君の名は。-再会
君の名は。-ふたりはどこで恋に落ちたのか?
2016-秋冬ドラマ - 石原さとみ VS 新垣結衣
君の名は。-一人称感の強さと黒澤映画とバック・トゥー・ザ・フューチャー
2015-秋冬ドラマ 忘却探偵との距離の縮め方
夏のドラマサマリー2014~「HERO」と「アオイホノオ」それぞれの最終回~
アオイホノオ~そして最終回へ:山本美月と黒島結菜にみる「みゆき」~
夏のドラマサマリー2014~キムタク「HERO」の内容と視聴率にホッ&深夜ドラマが熱い!~
春のドラマサマリー2013~今が旬かも
最終回、キムタク、篠原涼子、北川景子の黄金のトライアングル-「月の恋人~Moon Lovers~」
首の曲げ方が…「ブザー・ビート」の相武紗季
一途なジェジュン-「素直になれなくて - HARD TO SAY I LOVE YOU」

北海道 エンジニア 


魔法のリノベ : 1 (ジュールコミックス)

魔法のリノベ : 1 (ジュールコミックス)

  • 作者: 星崎真紀
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2016/04/16
  • メディア: Kindle版



【Amazon.co.jp限定】魔法のリノベ Blu-ray BOX(特典:ポストカード6枚セット) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】魔法のリノベ Blu-ray BOX(特典:ポストカード6枚セット) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: エイベックス・ピクチャーズ
  • 発売日: 2023/03/03
  • メディア: Blu-ray



オールド・ルーキー(1) (月刊少年マガジンコミックス)

オールド・ルーキー(1) (月刊少年マガジンコミックス)

  • 作者: 中村ジュンヤ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2022/03/17
  • メディア: Kindle版



【Amazon.co.jp限定】オールドルーキー Blu-ray BOX(キービジュアルB6クリアファイル(黄色)付) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】オールドルーキー Blu-ray BOX(キービジュアルB6クリアファイル(黄色)付) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • 発売日: 2023/02/03
  • メディア: Blu-ray



消しゴムをくれた女子を好きになった。

消しゴムをくれた女子を好きになった。

  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2012/02/23
  • メディア: 単行本






あの頃、君を追いかけた[Blu-ray]

あの頃、君を追いかけた[Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: マクザム
  • 発売日: 2014/04/04
  • メディア: Blu-ray



ブログトップへ戻る

nice!(406)  コメント(48) 
共通テーマ:テレビ

2022春ドラマーキムタクより目立ってた?&無理してたわけじゃないよね? [ドラマ]

驚きのニュースがありましたね。

私の幼いころはよく、
アメリカあたりで指導的な立場の人が
凶弾に倒れるようなニュースが流れてきていましたが、
日本では、ここまで衝撃的で凄惨な出来事は記憶になかったですね。

現場のことはよくわからないですけど、
フリーで障害物のない背後に数mまで近づけるって、
状況によっては、笊って言われても仕方ないかも。

それともよっぽど巧妙だったのかな?

まだ詳細は分かりませんが、特に大義名分や志があってのことでもないようなので、
何ともやるせなくなりますね。
(実はどこかが糸を引いていて、さとられないようにしているのかもしれませんが...)

選挙に悪い影響がないといいですね。

話は変わりますが、
前の記事で東京に桜を見に行ったことを書いたところ、
これからこちらの地方で咲くから、
2度楽しめますねっていうコメントをいくつかいただきました。

私自身、こちらの桜って、道明寺の桜餅みたいに
少し、ピンク色が強すぎて、葉っぱもついてる、みたいな感覚があって
あんまり興味がなく、あえて見に行ったりする気持ちはなかったんですが、
そういったご意見をいただいたので、
少し興味が出て、調べていってみたんですよね。

こちらは桜の名所と言われるところでしかたくさん桜が咲かないので、
ものすごく集中して混んじゃいます。

ぱんちょう.jpg

調べたところ、近年知る人ぞ知る桜の名所に「優駿さくらロード」
というのがあるそうです。
たまたまGWに帯広まで豚丼を食べに行って、
その日はその「優駿さくらロード」は“咲きはじめ”というステータスだったんですが、
翌日、帯広から戻ってくる日に突然”満開”にステータスチェンジ。
「優駿さくらロード」は帯広からの道すがらにあり、
私が到着した時間は午前7時で、その時には満開の情報はいまだ行きわたっておらず、
少ないギャラリーの中、
悠々と「優駿さくらロード」をゆっくりと何往復も堪能することができました。

ついてました^^

近年話題の名所だけあって、桜そのものも、とても見事に感じました。

余裕で車載のスマホで撮影できましたので、
お時間のある方はご覧いただきたいと思います、
と思ったのですが、
さすがに初夏になり、季節感がずれてしまったので、
自分自身、ちょっと微妙に感じます。

やはり、季節感は大事ですね^^;

優駿さくらロード <= 車から撮影した桜の様子です

今年は皆さんのおかげで、2度、桜を楽しめました。

こちらは梅雨もなく、私の田舎では、6月にエゾハルゼミというのが鳴き出して
最高の季節を迎えます。

ただ、昨今の温暖化の影響か今年の六月は、後半がとても暑かったですね。

7月になった今も、その暑さが続いています。

全国的には梅雨が早く終わって、例年よりすごしやすかったのかな?

どうなんでしょう?

こちらは暑い夏になる予感しかしないです^^;

さて、今年の春ドラマですが、水曜日にやっていた2本が面白かったですね。

ただ、その面白かった2本が時間がまるかぶりで、
それがもったいなかったなぁ。

話の面白さでフジ、主演女優の頑張りで日テレというところでしたでしょうか。

フジの方は、コロナ禍に見舞われてとんだ回が出るなど、
ハンディキャップを負っちゃいましたよね。

<悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~>
悪女.jpg


今田美桜の実質的な初主演ドラマであり、
もっといい女いい女してるか、
かわいらしくないと今田美桜らしくないのかもしれませんが、
大胆に我々に寄ってきてくれて、
変かもしれない、少しすれば板につくのかもしれない、無理してるのかもしれない...
などと思わせつつも、
しっかり主演女優としてやり遂げた頑張りは、
賞賛してあげてもいいかなって思います。

この役柄が、
彼女が元来持っている気質と同じなのか異なっているのかわかりませんが、
ある意味「いい女」であることを捨てて、
ドラマ寄りのパワーあふれる振り切った人物を造形し、演じきったことで
美貌以外の部分の実力を、知らしめた形となりました。
おそらく大変努力をして、気持ちもきちんと入れ続けて、ケレン味なく頑張ったと思います。
その頑張りが評価されて、裏のドラマを視聴率で上回ったと思います。

よくやりましたね。

余談ですが、
どんなにかわいくても、
髪型やメイク衣装でそこそこな感じに見えてしまうものなんですね。
隠しきれないかわいらしさは滲み出ていましたけど、
そこをあえて捨ててチャレンジしたところに、
覚悟を感じました。

きっと、外見ばかり注目されていることにコンプレックスがあったのかもしれませんね。
払しょくできた気分なのかな?
だったら、清々しい気持ちでいられているでしょうね。

<ナンバMG5>
ナンバMG5.jpg

間宮祥太郎は、「ファイトソング」に続く2クール連続主演となりました。
優男の音楽家から、めちゃ強い特攻服の男に転身。
実はその男、美術クラブで普通に青春する優等生でもあった。
という、本人の演技力が試される設定となっていましたね。

やむにやまれぬ事情で特攻服に変身し、
パンパンパーンと敵をやっつけていく姿は爽快でした。

学校では世を忍ぶ仮の姿で、
もう一人の自分が周囲にばれないようにするドタバタも面白かったです。

そして、なんといっても日本人の大好物「友情」エピソードの数々が
観ている我々の心を動かしていました。
「友情」エピソードが描かれている間中、心地よい世界に浸らせてもらえたと思います。

回が飛んで、視聴率的にやや振るわなかったのは、残念でしたけど、
それぞれの回を比べると、こちらの方が面白かったという回も多かったですね。

ヒロインの森川葵が、お小遣いの為に間宮祥太郎を売り飛ばそうとしたのはご愛敬かな^^;
普通はそんなことされたら、100年の恋もさめてしまいそうですが、
間宮くん、気にせず大好きなままでいましたよね。
あそこはそうでいるための演出、もう少し必要だったかもしれませんね。


<未来への10カウント>
未来への10カウント.jpg

キムタクのドラマでしたけど、
なんであんな風貌ででてきたのかなって感じだったでしょうか。
ボクシングのコーチ役でしたが、
シルエットもそんな感じじゃなかったですよね。
BGの時の方が、よっぽどボクサーらしかったかな。
うらぶれている役でしたから、最初はそれでよかったのかもしれませんが、
1年続けるわけですから、それらしく変わっていてほしかったですね。

そんな中、キムタク主演のドラマには珍しく、
共演の満島ひかりの方が、溌剌として目立っていたように感じました。
珍しいですよね。
過去のキムタク主演のドラマではなかったように思います。
彼女、ずっとCMには出ていましたけど、ドラマはあんまり出ていませんでしたね。
彼女がボクシング部の顧問になって、キムタクの味方をしだして、
深い愛情で部員たちに接して、いろんなことを前に進める原動力になっていましたよね。

<マイファミリー>
マイファミリー.jpg

犯人の見当が全くつかず、
結局最後まで見させられました。
誘拐事件を通して家族と向き合い、
結果的に二宮くんと多部ちゃんの信頼関係が戻ったのはよかったかな。
玉木宏の顔が終始険しかったのが印象的ですね。

<正直不動産>
正直不動産.jpg

山P、NHKで復活。
感謝祭まであったので、続編が作られそうですね。

<やんごとなき一族>
やんごとなき一族.jpg

超美形・松本若菜がブレイク?
表情のない顔にも見惚れられる人って
あまりいないですよね。

<関連記事>
2022新春ドラマー説明しづらいことを上手に言ってくれた?
2021秋冬ドラマー一瞬で取り戻す関係性
2021夏ドラマー日本人の大好物、友情
2021春ドラマーあの女優が大きな声を出してた?
2021新春ドラマーアニメよりむずかしい、生身の入れ替わり
2020冬ドラマーいつの間にか、いい男認定されてるんですね
2020-シーズンの区切りがぐちゃぐちゃに^_^;
2020-コロナ禍のドラマ マッシュと再放送
2020-新春ドラマ ささやき話術とダメ男ぶりの交錯
2019-秋冬ドラマ スタッフたちのマリアージュ
2019-新春ドラマ キョンキョン系女子もあこがれる顔
2018-秋冬ドラマ 聖子ちゃんカット最強説
2018-夏ドラマ 停電で視聴も録画もできない日があるとは・・・
2018-新春ドラマ 松潤のすっとぼけvsアラフィフ女子
2017-秋冬ドラマ 陸王ってビジネスドラマだったんですね^^;
君の名は。-再会
君の名は。-ふたりはどこで恋に落ちたのか?
2016-秋冬ドラマ - 石原さとみ VS 新垣結衣
君の名は。-一人称感の強さと黒澤映画とバック・トゥー・ザ・フューチャー
2015-秋冬ドラマ 忘却探偵との距離の縮め方
夏のドラマサマリー2014~「HERO」と「アオイホノオ」それぞれの最終回~
アオイホノオ~そして最終回へ:山本美月と黒島結菜にみる「みゆき」~
夏のドラマサマリー2014~キムタク「HERO」の内容と視聴率にホッ&深夜ドラマが熱い!~
春のドラマサマリー2013~今が旬かも
最終回、キムタク、篠原涼子、北川景子の黄金のトライアングル-「月の恋人~Moon Lovers~」
首の曲げ方が…「ブザー・ビート」の相武紗季
一途なジェジュン-「素直になれなくて - HARD TO SAY I LOVE YOU」

北海道 エンジニア 





【メーカー特典あり】『ナンバMG5』Blu-ray BOX(オリジナルマスクケース付)

【メーカー特典あり】『ナンバMG5』Blu-ray BOX(オリジナルマスクケース付)

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2022/11/16
  • メディア: Blu-ray



【メーカー特典あり】未来への10カウント Blu-ray BOX(ポスタービジュアルB6クリアファイル付)

【メーカー特典あり】未来への10カウント Blu-ray BOX(ポスタービジュアルB6クリアファイル付)

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • 発売日: 2022/11/23
  • メディア: Blu-ray



【Amazon.co.jp限定】マイファミリー Blu-ray BOX(キービジュアルB6クリアファイル(黄色)付)

【Amazon.co.jp限定】マイファミリー Blu-ray BOX(キービジュアルB6クリアファイル(黄色)付)

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • 発売日: 2022/12/07
  • メディア: Blu-ray



正直不動産(1) (ビッグコミックス)

正直不動産(1) (ビッグコミックス)

  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/01/12
  • メディア: Kindle版



やんごとなき一族 コミック 1-11巻セット

やんごとなき一族 コミック 1-11巻セット

  • 作者: こやまゆかり
  • 出版社/メーカー: 講談社_
  • 発売日: 2022/04/13
  • メディア: コミック



ブログトップへ戻る


nice!(427)  コメント(32) 
共通テーマ:テレビ

2022新春ドラマー説明しづらいことを上手に言ってくれた? [ドラマ]

世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし

桜の見ごろを迎える季節となりましたが、
皆さんはいかにお過ごしでしょうか?

実は私の住んでいる地方では、この2月に大雪となりまして
JRはもちろん、バスも全面ストップすること数度、
メインの交通機関とともに代替の交通機関もストップし、
身動きのできない人が続出しました。

この土地で30年以上暮らしていますが、
こんなことは初めてです。
また復旧も遅く、止まるたびに復旧に3日以上かかり、
雪には慣れている土地ですが、案外限界はすぐそこにあり
そこを超えたときの脆弱性が、図らずも明らかになってしまいました。

冬場の除雪インフラの整備に少しお金かけていくのかな?
オリンピックの誘致も進めていくみたいだし、お金かかりますね。
景気が良くなってそんなこと吹き飛ばしてもらいたいですね。

祖師谷公園s.jpg

こちらでは桜の便りにはもう少しかかります。
例年、GWに間に合うかどうかなのですが、
一時期東京に住んでいた者としたら、
桜の見事さは、東京には全くかないません。

私の感覚では、たとえこちらで一番の桜の名所を訪れたとしても、
東京の住宅地などの街並みを歩いている際に
ふと出くわす、何気ない桜の見事さにさえ遠く及ばない、
という気持ちが強いです。

毎年毎年、東京の桜が見たい~って思います。
でも、カレンダー上は普通の週末の休みしかなく、
満開の時期も年ごとに微妙にずれるため、
いつもためらって、もう20年以上も東京の桜を見れずじまいでいました。

しかし、なんと、今年は意を決して桜を見に上京!
何十年かぶりに、見事な桜を堪能できました♪

上北沢商店街s.jpg

行ったのは3月26、27日で、天気予報では前日まで両日とも雨の予報。
ものすごく久しぶりなのに、こんなことってある?
と運命を嘆いていましたが、
当日になると、初日はやや雨に降られたものの、
二日目には満開初日となり、雨にも降られずに久々に東京の桜を満喫することができました。
たくさん歩いてほどよく疲れもして、
ついでに気になっていた場所にも何十年ぶりかで訪れることもでき、
ホント、満足のいく週末を過ごすことができました。

もともと「ミック」というのは、大学生のころ、
下北沢の「雷や」という居酒屋で永くアルバイトをしていた時の愛称で、
初日の夜には、当時の自分のテリトリーをくまなく歩き、
勝手に「下北沢のミック」を復活させていました。
ものすごく時がたっているので、知ってる人は誰もいませんでしたけれど、
ただひとり、「アンドレア」っていうクレープ屋のお姉さんが、
変わらずクレープを作っているのを発見しました。
アンドレアs.jpg
約40年前に隣の2階に住んでいて、お店もその頃できたと思いますが、
佇まいは全く変わっていませんでした。
通りすがりに目と目が合って、私にはあのお姉さんだとすぐにわかりましたが、
向こうはどうだったんだろ。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のように、
未来にきて、過去から現在へ綿々と様々なことがつながっていることを実感する
マーティのような気分だったかもしれません。

<ミステリと言う勿れ>
ミステリと言う勿れ.jpg

今クールで最も話題を呼んだ、
そこら辺のドラマとはちょっと違うドラマだったのがこれですね。

なんといってもこのドラマは菅田将暉演じる主人公のひととなりでしょう。

第一回のほとんどの時間で、取調室を使って
最初は事件の謎解きの方が気になって気が付きませんでしたが、
結局、謎解きを通してそのひととなりをしつこいくらい説明していました。

そこでしっかり菅田将暉の普通とちょっと違った人物像が頭に叩き込まれて、
2話以降はそれ前提でドラマが見られるといった寸法です。

その手法、鮮やかでしたね。

第1話が、スーパーマンでいうと誕生編的な。

また、その変わってる部分というのが、
人が腑に落ちること落ちないことで説明しずらいことを上手に言ってくれるっていうところなので、
観てる方が日頃、知らないうちに感じている違和感を解消してくれる効果があり、
何だか胸のすく思いがして、好きになったり興味を持ったりしちゃうのかな。

あんな風に整然と考察したり説明したりしたい願望、
結構、みんなあるんじゃないですかね。

お話を作った方、けっこうたくさん時間を使って考えたんじゃないでしょうか。
それとも、ああいう説明がとっさにできちゃう人、世の中に結構いるんだろか?

人となりが深く造形できているのに比べて、
劇中で起きていた犯罪のレトリックは、そこまで深くなかったかも。
えっ、それが答え?的な落ちもありましたよね。

そう感じるのも、第一話の人物像の掘り下げが異常に深かったことの裏返しかもしれません。

ドラマの時間配分も特殊でしたね。
拡大した時間内に収まらず、次の週に持ち越したと思ったら、
次の週の前半くらいで結末を見て、後半は違う話、みたいなのが何度かあった印象です。
そこらへんはとても自由な感じがしました。

それから、最近存在感爆上がり中の伊藤沙莉も出演していました。
少し前と違って可愛らしい感じの役が多くなってきましたよね。
いい女認定されたのかな?

近年で、もしかしていい女認定された?って思うのは、
上白石萌音とか、安藤サクラとか、江口のり子とかですかね。
伊藤沙莉もその仲間かな。
それぞれきっかけがあったんだろうけど、
近年は、少なくとも「女」の役になってきて、
結構「可愛い」とか「いい女」の役やってますよね。
ドラマ中でそう配役されると、見てる方も自然にそのカテゴリーに入れて見がち。
今回は最後の最後に松本若菜と一緒になって、
器量的にもシルエット的にもキツイかなって感じましたけど、
ピンでいるときや門脇麦とくらいなら、ヒロインの一人として、もってましたよね。

多部ちゃん断っちゃったらしいですけど、
また、「それは経費で落ちません」の経理部員役で共演してほしいですね。

それともうひとつ、わたしは最後まで、永山瑛太ってどこに出てた?って思ってました。
引き出し多いんですね。

<DCU>
DCU.jpg

このところ絶好調な日曜9時枠。

今回も阿部寛主演で、いかにもお金がかかってそうな作りだったので、
また、阿部寛の当たり役が一つ増える?と言う期待で観ましたが、
そう何でもかんでも、うまくいくわけでもないんですね。

早々に中村アンがいなくなっちゃって、
ヒロインらしいヒロインもいなくなっちゃったし。
それだけ、盛り上げるために試行錯誤してたってことなのかな?

それでも、さすがに視聴率は取ってました。

ひとつ気になったのが、いつにも増して阿部寛の台詞が聞き取りづらかったこと。
おそらく口をちゃんと開けずにしゃべるからだと思いますが、
そのほうがしゃべりやすいのはわかりますが、
続けてたら晩年の勝新みたいになっちゃうよ。

<妻、小学生になる>
妻、小学生になる.jpg

子供なのに、あげまん役を演じてる?
ご本人、おしゃまさんなんだろか。
実写化できたのが奇跡的ですね。

<おいハンサム!!>
おい、ハンサム3.jpg

佐久間由衣がまた出てました。
声が可愛らしいですね。

「彼女はキレイだった」の時と違い、
着てるものも年相応に大人っぽく、
演技でも、男の気を引けるようになってきたみたいです。

<関連記事>
2021秋冬ドラマー一瞬で取り戻す関係性
2021夏ドラマー日本人の大好物、友情
2021春ドラマーあの女優が大きな声を出してた?
2021新春ドラマーアニメよりむずかしい、生身の入れ替わり
2020冬ドラマーいつの間にか、いい男認定されてるんですね
2020-シーズンの区切りがぐちゃぐちゃに^_^;
2020-コロナ禍のドラマ マッシュと再放送
2020-新春ドラマ ささやき話術とダメ男ぶりの交錯
2019-秋冬ドラマ スタッフたちのマリアージュ
2019-新春ドラマ キョンキョン系女子もあこがれる顔
2018-秋冬ドラマ 聖子ちゃんカット最強説
2018-夏ドラマ 停電で視聴も録画もできない日があるとは・・・
2018-新春ドラマ 松潤のすっとぼけvsアラフィフ女子
2017-秋冬ドラマ 陸王ってビジネスドラマだったんですね^^;
君の名は。-再会
君の名は。-ふたりはどこで恋に落ちたのか?
2016-秋冬ドラマ - 石原さとみ VS 新垣結衣
君の名は。-一人称感の強さと黒澤映画とバック・トゥー・ザ・フューチャー
2015-秋冬ドラマ 忘却探偵との距離の縮め方
夏のドラマサマリー2014~「HERO」と「アオイホノオ」それぞれの最終回~
アオイホノオ~そして最終回へ:山本美月と黒島結菜にみる「みゆき」~
夏のドラマサマリー2014~キムタク「HERO」の内容と視聴率にホッ&深夜ドラマが熱い!~
春のドラマサマリー2013~今が旬かも
最終回、キムタク、篠原涼子、北川景子の黄金のトライアングル-「月の恋人~Moon Lovers~」
首の曲げ方が…「ブザー・ビート」の相武紗季
一途なジェジュン-「素直になれなくて - HARD TO SAY I LOVE YOU」

北海道 エンジニア 


ミステリと言う勿れ(1) (フラワーコミックスα)

ミステリと言う勿れ(1) (フラワーコミックスα)

  • 作者: 田村由美
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/01/29
  • メディア: Kindle版



フジテレビ系ドラマ「ミステリと言う勿れ」オリジナルサウンドトラック

フジテレビ系ドラマ「ミステリと言う勿れ」オリジナルサウンドトラック

  • アーティスト: Ken Arai
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2022/03/02
  • メディア: CD



妻、小学生になる。 1巻 (芳文社コミックス)

妻、小学生になる。 1巻 (芳文社コミックス)

  • 作者: 村田椰融
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2019/04/16
  • メディア: Kindle版



【Amazon.co.jp限定】DCU ~手錠を持ったダイバー~ Blu-ray BOX(ロゴネックストラップ付)

【Amazon.co.jp限定】DCU ~手錠を持ったダイバー~ Blu-ray BOX(ロゴネックストラップ付)

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • 発売日: 2022/07/15
  • メディア: Blu-ray



「おいハンサム!!」 オリジナル・サウンドトラック

「おいハンサム!!」 オリジナル・サウンドトラック

  • 出版社/メーカー: ONE MUSIC RECORDS
  • 発売日: 2022/02/25
  • メディア: CD



ブログトップへ戻る

nice!(471)  コメント(60) 
共通テーマ:テレビ

2021秋冬ドラマー一瞬で取り戻す関係性 [ドラマ]

いよいよ年の瀬ですね、皆さんいかがおすごしでしょうか。

オリンピック後、ワクチン接種も順調に進み、
今度の年末年始こそ平常を取り戻すかと思われましたが、
コロナ、しぶといですね^_^;

唐突にオミクロンって奴が現れて、
平常化一歩手前で押し戻されてしまいました。

高校卒業後からずっと続いていたお正月のクラス会も、
さすがに永久幹事の心を折ってしまったのか、
史上初の未開催と言うことになりそうです、たぶん。

連絡が来ないし、こちらからも遠慮して聞けません。
その日に合わせてホテルをとっていましたが、
何日か前に諦めて、年越しの予定にスライドしました。

それで今はそこで、皆さんへのご挨拶を書いています。

そうそう、今年はこちらの方、秋がものすごく頑張って、
寝雪になったのは今月の中旬でした。
いつもより、1ヶ月近くも遅い冬の訪れとなっています。
これで、いつもの通り、お彼岸に冬が終わったら、
3ヶ月程度の冬となり、理想的な四季の配分となります。

果たして天はどのような差配を示すのでしょうか?

今年も今の時期、「紅まどんな」を食べていますが、
例年に比べて、若干、酸っぱめなのがまじってる様な気が。

気候のせいなのか、人気が出すぎて基準が甘くなったのか
はたまたこちらが慣れてしまったのか、
舌の感覚も、どうしていつまでもそのままでいられないんだろう。
「桜の園」ですね(笑)

ドラマのほうは、ドクターXをのぞけば、
やはり今クールも、日曜9時が強かったですね。
ネットではこき下ろしている方もいらっしゃったようですが、
視聴率的には盤石でした。
でも、最終回のひとつ前の回がきつかったかな。
語ることがない感じでしたもんね。
そこをうまく乗り切っていれば、最終回、20%も視野に入ったんじゃないですかね。

<日本沈没 -希望のひと->
日本沈没_小栗旬_杏.jpg

1970年代前半にベストセラーとなった小松左京のSF小説の、
映像化リメイクですね。

当時の映画版は、ものすごくプロモーションが行われて、
そのキャッチーなタイトルとともに、誰もが知る映画でしたが、
自分はそそられず、観に行っていません。
その後、テレビ放送されたり、レンタルビデオ屋に並んだりもしたと思いますが、
食指は動きませんでした。

どうしてかって考えると、
キャストが自分の趣味じゃなかったってことなのかなぁ。
当時はどこか、映画全盛時代のきらびやかな女優さんは姿を消して、
等身大な感じの女優さんが多くなって、
日本沈没にもそういうレッテルを貼ってしまったんだと思います。

なので、過去作はまったくみておらず、
新作のような感覚で、物語を観始めることができたと思います。

当初、見た感じでは、官僚の小栗旬が自ら推し進めていた海洋の開発計画が、
日本沈没の原因の一端を作っていることを認めず、
強引に推し進めてしまうことで沈没を招いてしまうっていう
筋立てなのかなって思って、
どうしようもないやつだなって思っていたんですが、
ところがどっこい、
真摯に自らの非を認め、固定概念に固執せず、
心の底から日本の民のことを思って、
無駄かもしれないとわかっていても、検証作業に邁進し、
時には出過ぎた真似をしながらも、
的確な判断のもと、リーダーシップを発揮し
日本国民を救うに至ったのは立派でしたね。

自分の判断と引き換えに人々が失ってしまうものにも
しっかり思いを寄せていたのも好感が持てました。

静岡あたりに家族を探しに行く、ロードムービー的なあたりのストーリーが
一番面白かったかもしれません。

私が好きなのは、再会シーンなんだなって、
改めて確認できました。

そして、仕事人間の恋愛は、やっぱり職場恋愛に限るってことなのかな。
それも上下関係がないのがベストってこと?

同じ現場で働いてその姿を見ていれば、
たとえ仕事ばっかりしていても、キュンとこれるのに、
家で待っていると全くキュンとできないんでしょうね。

自分との時間を奪うものという意味で、仕事は敵になっちゃうのかもしれません。

その点、お嬢さんのほうはものわかりがいいみたいでしたけど。

<最愛>
最愛_松下洸平_佐久間由衣.jpg

まず、果敢に高校生役に挑んだ吉高由里子に拍手を送りたいと思います^^
「横道世之介」の大学生役より若い役でしたね。
「ラブレター」の中山美穂でさえ、代役立てていたのに、大したものです。
もしかして、あれは中学生だったっけかな^^;

やはりここでも胸に迫って来たのは再会シーンかな。
それもホントの意味の再会シーンのほう。

事件がきっかけで離ればなれになってしまった吉高由里子と松下洸平。

最初の再会では周囲に人がいて、それぞれの立場を示すだけに終わってしまい、
あ~ふたりとも、あの時の気持ち、なくしてしまったんだ~
と思って、とてもやるせない気分になりましたが、
そのあとの、夜道で腕をとって振り向かせるシーンでは、
一瞬にして関係性が戻ってグッときました。
二人の思いは本物だったんだなって、
ものすごくうれしい気分になれました^^
その後に来る、抱擁シーンなんかよりも、ずっとずっと。

男の夢ですよね。
大概の女の子は 井浦新のほうに気持ちが行ってしまい、
もう近づかないでってなっちゃうと思うので。
脚本書いたの女の人みたいなんで、
さすがによく男心を研究してるなって感じです。

しかし、このドラマ、終盤に何人かの人物が、
急にキャラ変したようになっていました。
伏線回収するのにキャラ変で対応っていうのは、
あまりよろしくないような気がします。
それまでその人物にあった思い入れが壊されてしまい、
気持ちの持っていき場所がなくなってしまいますもんね。

佐久間由衣が「彼女はキレイだった」に続き、
2番目に愛される女的な役をやってましたね。
もしかしたら、国仲涼子や貫地谷しほりの系譜を引き継いでいくのかな。
声がものすごくかわいいですよね。

田中みな実はまだ、キャラクターの一面しか演じられない感がでちゃってたかな。
もう少し、心の中にある混沌としたものまで表現できるようになると一人前でしょうか。

<お茶にごす>
お茶にごす_鈴木伸之_久間田琳加.jpg

「今日から俺は!」と同じ原作者のドラマがテレビ東京で放映されていました。

これも、喧嘩は圧倒的に強いけど、愛されるひょうきんなキャラを扱った作品でした。
こちらのほうは、喧嘩がメインのお話というわけでもなく、
その風貌からどうしても絡まれてしまいやすい学生生活の中で、
ひょんなことからお茶の世界を知り、
また、久間田琳加という、まっすくで凛としながらも、
とってもかわいらしい部長と触れ合っていく中で、
もともと持っていた優しくて頼りになる自分自身に目覚めていく物語を、
ギャグを交えながら描いていく、というようなお話で、
とても好感が持てました。

久間田琳加が演じている部長が、こんな人いたら、
みんな惚れてまうやろっていう人物で、
お付き合いできなくても守ってあげたいし、
もし、お付き合いできたら絶対誰にも渡したくないって娘でした。

で、よくできてるのは、そんな誰にも渡したくない部長ですけど、
あまりに優等生過ぎて、時にはもう少し刺激が欲しいなって思うことがあります。
そんな時、同級生の萩原みのりがぶしつけにちょっかい出してくるので、
なんとなくそれでリフレッシュできて、
また部長と向き合えるみたいな構図になっています。
それがいい感じです。

部長が引退しちゃったんで、もう続編は無理なのかな~

もっともっと浸っていたい世界でした^^


<関連記事>
2021夏ドラマー日本人の大好物、友情
2021春ドラマーあの女優が大きな声を出してた?
2021新春ドラマーアニメよりむずかしい、生身の入れ替わり
2020冬ドラマーいつの間にか、いい男認定されてるんですね
2020-シーズンの区切りがぐちゃぐちゃに^_^;
2020-コロナ禍のドラマ マッシュと再放送
2020-新春ドラマ ささやき話術とダメ男ぶりの交錯
2019-秋冬ドラマ スタッフたちのマリアージュ
2019-新春ドラマ キョンキョン系女子もあこがれる顔
2018-秋冬ドラマ 聖子ちゃんカット最強説
2018-夏ドラマ 停電で視聴も録画もできない日があるとは・・・
2018-新春ドラマ 松潤のすっとぼけvsアラフィフ女子
2017-秋冬ドラマ 陸王ってビジネスドラマだったんですね^^;
君の名は。-再会
君の名は。-ふたりはどこで恋に落ちたのか?
2016-秋冬ドラマ - 石原さとみ VS 新垣結衣
君の名は。-一人称感の強さと黒澤映画とバック・トゥー・ザ・フューチャー
2015-秋冬ドラマ 忘却探偵との距離の縮め方
夏のドラマサマリー2014~「HERO」と「アオイホノオ」それぞれの最終回~
アオイホノオ~そして最終回へ:山本美月と黒島結菜にみる「みゆき」~
夏のドラマサマリー2014~キムタク「HERO」の内容と視聴率にホッ&深夜ドラマが熱い!~
春のドラマサマリー2013~今が旬かも
最終回、キムタク、篠原涼子、北川景子の黄金のトライアングル-「月の恋人~Moon Lovers~」
首の曲げ方が…「ブザー・ビート」の相武紗季
一途なジェジュン-「素直になれなくて - HARD TO SAY I LOVE YOU」

北海道 エンジニア 


TBS系 日曜劇場「日本沈没ー希望のひとー」オリジナル・サウンドトラック

TBS系 日曜劇場「日本沈没ー希望のひとー」オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: オリジナル・サウンドトラック
  • 出版社/メーカー: SMM itaku (music)
  • 発売日: 2021/12/08
  • メディア: CD



TBS系 金曜ドラマ「最愛」オリジナル・サウンドトラック

TBS系 金曜ドラマ「最愛」オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: オリジナル・サウンドトラック
  • 出版社/メーカー: SMM itaku (music)
  • 発売日: 2021/12/08
  • メディア: CD



茶柱立つ

茶柱立つ

  • 出版社/メーカー: UNIVERSAL MUSIC LLC
  • 発売日: 2021/10/25
  • メディア: MP3 ダウンロード


ブログトップへ戻る

nice!(466)  コメント(107) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | -
@ミック-Thinking @ミック-Thinking 読者登録