So-net無料ブログ作成

黄金のトライアングルもついに解散ですね-「東京DOGS」最終回 [ドラマ]

東京DOGS小栗旬水嶋ヒロ譲り合い.jpg

今クール第2の高視聴率ドラマ、「東京DOGS」も最終回を迎えました。
当初はグダグダに見えたこのドラマ、小栗旬と水嶋ヒロの友情の深まり、
そして愛すべき吉高由里子との黄金のトライアングルが
いつのまにか心地よい世界を創り出していました。
最終回、一時的にバラバラになったことにより、
その素晴らしさが再確認できましたよね^^

東京DOGS吉高由里子盾.jpg

堅物の小栗旬もところどころで愛情溢れる本音を漏らし、
吉高由里子と共に、観ている我々もワーという気持ちになることが出来ました。

最終回でもっとも注目されたのは、悪のボス神野(仲村トオル)に対する
吉高由里子の立ち位置でしたが、これはストレートでしたね。
結局、吉高由里子はずっと善で、神野の正体を知らされずに愛しており、
すべてを知って、愛のゆくえも小栗・水嶋コンビの勝ち。

神野の逮捕というメイン・クエストの達成と同時にやってくるお別れ。
トライアングルの解散がさみしい、と思わされた時点で制作側の勝利でしょう。
十分思わされました。

東京DOGS吉高由里子またまたまた投げられる.jpg

最終回は、ギャグも決まってました。
水嶋ボケ、小栗ツッコミより、小栗ボケ、水嶋ツッコミが好きだったかな。
どどどんのどんちゃん(鈍感のどんちゃん)も良かったけど、
最後に吉高由里子が、またまたまた投げられたのには声を出して笑いました(笑)

小栗旬は結局、水嶋ヒロや吉高由里子に「ちょっと待ってよ~」って
言われないとやってけない、フォローが必要な可愛い奴でした。
ちょっとズルイですよね^^

<関連記事>
神野を愛した理由は?-「東京DOGS」
二人の友情が育ってくると…-「東京DOGS」
記憶が戻ったのかな?-「東京DOGS」
また投げられた-東京DOGS
何を追ってるんでしたっけ?…「東京DOGS」
さっぶ~^^;-「東京DOGS」


東京DOGSビジュアルフォトブック

東京DOGSビジュアルフォトブック

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2009/12/05
  • メディア: 単行本



nice!(81)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 81

コメント 6

yukky_z

「バカ小栗~!」と叫んだのは自分だけか(^^;)?!
by yukky_z (2009-12-22 20:36) 

@ミック

yukky_zさん、こんばんは^^
あそこはやはり、気持ちを受け止めるべきだったんでしょうか^^;
by @ミック (2009-12-22 20:58) 

ちゃるこ

東京DOGS、再放送されたら観てみようと思います^^

別件ですが、クロスゲーム観ました~♪
何だか複雑な展開(?)になってますね^m^
あかねちゃんは可愛くていい子だけど、やっぱり若葉の
代わりにはなれないでしょうし。。。
東と青葉のツーショットはけっこう好きだったりして♪
・・・というか、堅物の東が青葉に対しては優しいのが
心地いいんですよねぇ。
by ちゃるこ (2009-12-23 12:51) 

@ミック

ちゃるこさん、コメントありがとうございます^^
デジカメで光を撮影したりする俗っぽい行いは
あかねちゃんには似合わないような気が…
考え過ぎかな^^;
あかねちゃんに対して、初めて
もう少しゆっくり踏み込んできてって思いました。
あかねちゃん、
光の中にいる若葉を受け止められるのかな。
青葉だったら…そこは受け止められそうですね。
堅物の東君のギャップか~
やっぱりそういうのって、嬉しいもんなんですね♪
あそこまでやったら、
青葉にも義理が生まれちゃいそうだな~
by @ミック (2009-12-23 14:15) 

とうふさん

終わっちゃいましたね~。
最後はそうか、これで終わりかぁ~って感じでしたが、
まさか最後まで投げられるとは;;

吉高さん見てたら、またラブシャッフル観たくなってきました。
DVD欲しいな~。
by とうふさん (2009-12-23 17:13) 

@ミック

とうふさん、こんばんは^^
評価の難しいドラマでしたけど、
その他の作品に比べて好きな最終回でした^^
マルオの存在価値に由岐が気づいていたのが
嬉しかったなぁ~
受け身でいるのは簡単だけど、
積極的に場を暖めにいける人、貴重な気がしました(^_^)
by @ミック (2009-12-23 21:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

@ミック-Thinking @ミック-Thinking 読者登録