So-net無料ブログ作成

最終回、ついに事件の全貌が明らかに-「新参者」 [新参者]

「新参者」、最終回。
期待は、たぶん、とっても意外であろう真犯人は一体誰だったのか、ということ。
そして、起こした犯行にまつわる人情話と、その話に対する人情話のカウンター、でした。

新参者阿部寛3.jpg

真犯人、捕まりましたね。
私が、一番怪しいと思っていた人とも違いましたし、
コマの紐が微妙に違っていたくだりも、私の考えていた内容と違っていました。
しかし、最も予想外だったのが、最終回の中盤で、早くも犯人がわかってしまったことです。
あそこはなぁ~
しかも、その犯人は、どちらかと言えばどうでもいい人で、
その人が犯人だったからと言って、口惜しくもなんともないんですよね~
そして最後の嘘を暴くための伏線が、泉谷しげると息子のエピソードでした。
あのエピソード、このシリーズ中、もっともできの良くないエピソードだと思いましたので、
それをぶり返されても、あんまり心は動かなかったなぁ。
そのエピソードを導いた黒木メイサ取材も、ちょっと薄っぺらかったかもしれません。
犯行動機の説明の演出も、理由が金銭側に振れすぎていて、
ただの悪いヤツにしか見えなかったですね。
もうちょっと、親子の情愛側に振れなかったんだろか。

新参者黒木メイサ4.jpg

整理すると、
真犯人は、最後の最後までわからないで欲しかった、
あるいは、9分9厘真犯人だと思って追求していて、
最後の最後にどんでん返しが起きて欲しかった。
真犯人は、観ている方が思い入れを持って観ていた人物にして欲しかった。
犯行の動機が、愛や情に絡むやむにやまれぬ事情で、
ある程度同情出来るものであって欲しかった。
というところでしょうか。
東野圭吾原作というところで、最終回は特に、観る方も結構ハードルあげてたと思うので、
その期待を上回るのは難しかったとは思うのですが・・・
犯人の側から見た、事件のあらましの描写に費やした時間が、
少な過ぎたのかもしれませんね。
それ故、犯人が犯行に及んだ理由への理解度が高まらず、
犯人の気持ちを洞察しようという気が、あまり起きなかったのかも。
最後に出てきた、被害者が残していたメッセージも、
犯人に向けたものではなかったですし。
元々の家族が被害者を憎んでいた、というわけでもないと思うので、
あのメッセージを読んだからといって、
本当の気持を知って強く悔み、改心するというものでもありませんでしたでしょうし。
阿部寛を始めとする、キャラへの愛着はとっても湧いたんですけど、
これまでさんざん泣かされて、最後で泣かせて貰えなかったので、ちょっとだけ欲求不満です(笑)
期待が高かっただけに、贅沢を言ってしまいますね^_^;

お話を作るのが大変そうですが、同じキャラで別の事件を扱ったシリーズ、やって欲しいですね。
頑張って質は落とさずに・・・ということで^^
阿部寛に対抗する、妙齢の女刑事が登場し、
時には阿部寛が出し抜かれたりもしながら、自然と互いに心惹かれる、
なんていうのはどうでしょう?(^_^)



さてさて「龍馬伝」の方ですが、
龍馬のマザコンぶり?がきっかけとなって、
お龍さんが寺田屋で働き出す、というお話だったかな。
お龍さん、相変わらず凛としたまんまですが、
龍馬の上手な導きのおかげて、素敵な笑顔も見られましたね^^
もう、かなりお龍さんの方は、龍馬に気持ちが傾いているようにも見えますが、
やはり、深い仲になっていくには、さらにエピソードが積み重なっていくものと思いますので、
どんなきっかけが、二人の間にあったのか、楽しみにしていようと思います。

龍馬伝福山雅治お龍さん.jpg

一方、歴史の中の龍馬は、まだまだ振り回される側にいるようで、
夢を持って学んでいた海軍操練所、日本の内乱の影響で閉鎖になってしまいましたね~
予告編を見ると、いよいよ国を動かす側にまわっていきそうな雰囲気もありましたが、
どんなもんなんでしょうね。
海援隊の結成も、そろそろでしょうか。

半平太の投獄、ずいぶん時がたちました。
以蔵への拷問も。
その間に世の中がいくばくか動いてしまうほどの時間が。
気が遠くなりそうです。
妻への変わらぬ愛も信念。
白状せぬのも信念。
攘夷に狂おしいほど燃えたのも信念なんでしょうかね~

<関連記事>
次週、最終回、ついに真犯人判明?-「新参者」
真犯人は誰だ、いまだ容疑が晴れない三浦友和-「新参者」
三浦友和、引っ張りますね~-「新参者」
谷原章介と草刈民代-「新参者」
黒木メイサの表情に泣かされる-「新参者」
事件解明よりその世界が心地良い-「新参者」
ミニスカ妻登場-「新参者」
人の愛情って不思議、人情話に再び落涙-「新参者」
初回から見事にあざむかれました^^;、人情話に不覚にも涙…-「新参者」
山内容堂の前であまりに無力な武市半平太-「龍馬伝」
海軍操練所への旅立ち、佐那との別れ-「龍馬伝」
恩師との歴史的出会い-「龍馬伝」
自分がずっと思い描いてきたのは今日のこの日のこと・・・-「わが家の歴史」最終夜
土佐の龍馬から日本の龍馬へ-「龍馬伝」


新参者

新参者

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/09/18
  • メディア: 単行本



街物語(まちものがたり)

街物語(まちものがたり)

  • アーティスト: 山下達郎,山下達郎
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2010/06/02
  • メディア: CD

ブログトップへ戻る
nice!(120)  コメント(22)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

nice! 120

コメント 22

k_iga

阿部ちゃんのファンなので「新参者」は楽しみにしていたのですが
初回を見逃したので後日DVDで観ます。
by k_iga (2010-06-21 05:14) 

pandan

終っちゃいましたね〜★
by pandan (2010-06-21 05:39) 

とうふさん

終わっちゃいましたね~。
ずっと終わらないで欲しかったなぁ…という感想です^^
@ミックさんと全く同感で、
ここまで面白かったのに、え~犯人、この人~?そんな理由で~!?
っていう犯行だったのが残念だったなぁ。
黒木メイサもヒロインっぽいのかなって思ってたのに、最後はあんまり存在感なくなってましたよね。

ほんと、阿部さんと溝端くんで続編希望!!


by とうふさん (2010-06-21 16:50) 

@ミック

k_igaさん、コメントありがとうございます^^
豪華ゲスト陣を誇ったこのドラマ、
DVDでごゆっくり堪能してくださいね(^-^)
by @ミック (2010-06-21 18:47) 

@ミック

pandanさん、コメントありがとうございます^^
終わっちゃいましたね~
これからはW杯でも楽しみましょうか(^_^)
by @ミック (2010-06-21 18:50) 

@ミック

とうふさん、コメントありがとうございます^^
これまでのパターンだと、
犯人は善行を重ねた善人風な人と思っていたんですが・・・
してやられるのは悔しいですが、
してやられないと、今度は物足りないですね^_^;
by @ミック (2010-06-21 18:57) 

ホタルの館

多くの人が最終回を楽しみにしていましたね。
犯人は誰なのか・・・ってw
ジェネラル・ルージュも犯人は誰なのかですねw
新参者は見ていませんでしたが、こちらは毎週見ていたので楽しみです☆
by ホタルの館 (2010-06-21 22:31) 

えのみ

想像もしていなかった人が犯人だったのにはびっくりしました。
「カッコ良いパパ」の大モトですよね。
でも泉谷さんの息子のことも今までの出演者全てがつながりましたね。
私的には満足の行くドラマでした。

お龍さんに「うみ~」と言わせて笑顔にさせてる
竜馬との絡みのシーンが良かったです。
(「うみ」で良かったでしたっけ?)
by えのみ (2010-06-22 02:16) 

Studio-Oz

おはようございます。

武市さん、毒まんじゅうは残念でした。
やはり、とことん狂った人に描かれている様な気がします。
せめて最期は美しく・・・、と願ってはいるんですが・・・
by Studio-Oz (2010-06-22 05:45) 

pandan

おはようございます〜★
by pandan (2010-06-22 07:51) 

デルフィニウム

おはようございます。なぞかけありがとうございます。
汗は滴っておりますがw水はないです^^;
by デルフィニウム (2010-06-22 08:33) 

ちゃるこ

我が家は夫が「犯人はこの人だよ、きっと」と予想していたので
「あ、やっぱりね~」って感じでした(^^ゞ
「流星の絆」の時もそうでしたが、まったく怪しくなさそうな人が
最終回でいきなり犯人ってパターンでしたね。。。
私はそこがちょっと微妙・・・でした。
それが東野ワールドなのでしょうか。
by ちゃるこ (2010-06-22 08:51) 

@ミック

ホタルの館さん、コメントありがとうございます^^
ジェネラル・ルージュの方も、いよいよですね(^_^)
by @ミック (2010-06-22 10:39) 

もももんがが

「新参者」、本編に入ったくらいから「ん?」と思ってたので、
ラストでもち返すかな~と思ったんですが・・・^^;
私もミックさんに同意です^^;
前半のお話がよかったので、否応なしに期待度が高まってしまった、
というところでしょうか。

あとはmother、期待しています!
(ブログもドラマも!)
by もももんがが (2010-06-22 13:18) 

@ミック

えのみさん、コメントありがとうございます^^
あのお父さんからあの息子が生まれることは、
まずないかもしれません^_^;

「うみ」でオッケーですよ~
どちらかと言えば、「う~み」だったかも・・・(笑)
by @ミック (2010-06-22 14:33) 

@ミック

Studio-Ozさん、コメントありがとうございます^^
武智さんの最期の時、お冨さんはどうするのでしょうね~
見てられるかなぁ。
by @ミック (2010-06-22 14:36) 

@ミック

pandanさん、おはようございます★★
by @ミック (2010-06-22 14:37) 

@ミック

デルフィニウムさん、ごていねいにありがとうございます^^
ねずっちさん、あの即興度合いはすごいですよね。
ねDっちさんも、負けずにすごいです!
by @ミック (2010-06-22 14:49) 

@ミック

ちゃるこさん、コメントありがとうございます^^
夫さん、鋭いですね~
あの二人が親子だとは知っていましたが、
私は、頭の中でそれを拒絶していたみたいです。
ありえない、と(笑)
より紐用のコマと組紐用のコマ、初めて知りました。
買う時に気にしたりしないですよね。

by @ミック (2010-06-22 14:58) 

@ミック

もももんががさん、コメントありがとうございます^^
「mother」、気になりますね。
ちょっと観るのが怖いような気もします。
あと、個人的には、「すななれ」と、
やっぱり「月の恋人」も気になっています(^_^)
by @ミック (2010-06-22 15:01) 

よしころん

ドラマってあまり見ないのですが、唯一みてるのがこの2本です。(でした ^^;)
by よしころん (2010-06-22 16:47) 

@ミック

よしころんさん、コメントありがとうございます^^
一週間に一度、連チャンでご覧になってるんですね。
ふたつともおもしろいですよね(^_^)
by @ミック (2010-06-24 15:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

@ミック-Thinking @ミック-Thinking 読者登録