So-net無料ブログ作成

私は日本人の味方、海軍操練所を後にして-「龍馬伝」 [ドラマ]

「龍馬伝」第26回。
このところ、物語の進みの遅さが気になる「龍馬伝」ですが、
今回も、あんまり進みませんでしたね~

海軍操練所が閉鎖となって、冒頭のシーンも変わってくるかと思ったら変わらず操練所でした(笑)
今回は西郷吉之助との顔つなぎがありました。
一応龍馬は、勝海舟の一番弟子という名目で面会したようですね。
二人の初対面ということで、お互いに印象を残さなければいけない場面でしたが、
どうでしょう、大物感、残せましたかね~

龍馬伝福山雅治西郷吉之助と面談.jpg

西郷さんの方は、演じた役者さんそのものが持っているイメージもありますんで、
これから徐々に、というところでしょうか。
一方の龍馬は、女の話を口火に、いきなり長州攻めはやめろと進言してました。
うちわでもめている暇はないと。
確かにそのとおりなんですが、説得するにはやや言葉が足りなかったかな、
という印象のように思えましたが、どうでしょう。
その後、実際に薩摩は家老の命と引換えに長州と手打ちをした様に描かれてましたね~
あれは、龍馬に説得されたからそうなったの意なんでしょうか?
ストレートにそう思えるほど強く演出されてませんでしたね。
従来の大河なら、こういうところに強引に因果関係を作ったりするところですが、
この「龍馬伝」、そういうところが控えめというか、あまり歴史を曲げたくないと思っているのか、
龍馬が歴史を作っているというよりも、
歴史の波に呑まれて右往左往している風な描かれ方ですよね。
結局、龍馬がなしたことになってなくて、
なんだかなぁという印象になってしまいがちのような気がします。
昨年の「天地人」なんかはなんでもかんでも兼続がしたように描かれていて、
それはそれで話になっていたので、好対照ですね^_^;

龍馬伝海軍操練所解散.jpg

海軍操練所の閉鎖と共に身の置き場所をなくした脱藩組、ストレートに西郷どんを頼るのかな?
勝海舟の演説で、何故か操練所の閉鎖という挫折が感動的に描かれていました。

一方、こちらも長いこと描かれている、半平太と以蔵の獄中生活。
弥太郎を介して毒まんじゅう喰わすのか?と、思わせておいて、
結局、せずに終りました。
焦らしますね(笑)
歴史がそうだからしょうがないのかもしれませんが・・・

また、龍馬とお龍の仲も進展がありませんでした。
でも、龍馬がお龍さんに心惹かれていることを匂わす言動はありました。
お龍さん、まだ龍馬に何もしてあげていないように思いますが、
龍馬が話してたことを聞いてると、
お龍さんが家族に接している時の様子、その時の笑顔が気に入ったようなことを行ってましたね~
確かに、誰に媚びることなく自立して生きていこうとする、心の気高さみたいなものは感じるかな。
ただ、何もしてあげないまんま、見初められるというのもおかしな話で、
ヒロインに相応しいロマンスを用意してあげて欲しいと思います。

<関連記事>
最終回、ついに事件の全貌が明らかに-「新参者」
次週、最終回、ついに真犯人判明?-「新参者」
真犯人は誰だ、いまだ容疑が晴れない三浦友和-「新参者」
三浦友和、引っ張りますね~-「新参者」
谷原章介と草刈民代-「新参者」
黒木メイサの表情に泣かされる-「新参者」
事件解明よりその世界が心地良い-「新参者」
ミニスカ妻登場-「新参者」
人の愛情って不思議、人情話に再び落涙-「新参者」
山内容堂の前であまりに無力な武市半平太-「龍馬伝」
海軍操練所への旅立ち、佐那との別れ-「龍馬伝」
恩師との歴史的出会い-「龍馬伝」
自分がずっと思い描いてきたのは今日のこの日のこと・・・-「わが家の歴史」最終夜
土佐の龍馬から日本の龍馬へ-「龍馬伝」


龍馬伝 III~SEASON3 RYOMA THE NAVIGATOR

龍馬伝 III~SEASON3 RYOMA THE NAVIGATOR

  • 作者: 【作】福田 靖【ノベライズ】青木 邦子
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2010/07/17
  • メディア: 単行本



福山雅治 坂本龍馬写真集

福山雅治 坂本龍馬写真集

  • 作者: 三浦 憲治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/07/01
  • メディア: 単行本

ブログトップへ戻る
nice!(106)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 106

コメント 10

よしころん

毒まんじゅうの場面で泣いてしまいまちた(すぐ泣く) ToT
by よしころん (2010-06-28 08:09) 

Studio-Oz

おはようございます。

龍馬伝ゆっくりと進展しているんですね。
昨日は見れず終い!(涙)
録画を今夜見る予定です!
by Studio-Oz (2010-06-28 08:51) 

デルフィニウム

マヌカンって久しぶりに遭遇した言葉です。懐かしいかも^。^
by デルフィニウム (2010-06-28 08:53) 

@ミック

よしころんさん、コメントありがとうございます^^
以蔵の頑張りは凄いですね。
京で加尾のいる屋敷を訪れ、
龍馬と三人で楽しそうに話してたのを思い出しますね~
by @ミック (2010-06-28 10:03) 

ちゃるこ

土曜日の再放送分を録画して、一週遅れで細々と
観続けています^^
以前よりは画面に集中できる時間が増えたような?
(個人的な意見ですが・・・笑)
西郷さんが高橋克実さんなんですよね?
ちょっとイメージが違うのですが、そのうち慣れるでしょうか。
by ちゃるこ (2010-06-28 20:02) 

えのみ

あと半年間放送しなければならないので
話の進み具合が遅いのでしょう…。
by えのみ (2010-06-29 02:17) 

@ミック

Studio-Ozさん、コメントありがとうございます^^
ライブ楽しそうですね。
ツェッペリンのコピーだと、
特にヴォーカルがわかりやすく大変そうですが、どうだったんだろ(^_^)
by @ミック (2010-06-29 10:06) 

@ミック

デルフィニウムさん、コメントありがとうございます^^
マヌカンが自分の趣味を理解してくれて、
なおかつセンスがいいと、とっても重宝しますよね(^_^) 
by @ミック (2010-06-29 10:08) 

@ミック

ちゃるこさん、コメントありがとうございます^^
高橋克実さん、「官僚たちの夏」でも、やや2の線の、
シリアスな役柄をやられていましたよね~
そっちの路線に変更されるんでしょうかね~  
by @ミック (2010-06-29 10:09) 

@ミック

えのみさん、コメントありがとうございます^^
「風林火山」の時も、進みが遅かったですよね。
あの時は山本勘助の素性がはっきりしなくて、
とくに子供時代などが全く描かれていなかったし、
活躍も川中島の合戦の4回目まででした。
そういう意味で龍馬も若くして亡くなってますから、
エピソードの量的にキツイのかもしれませんね^^;
by @ミック (2010-06-29 10:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

@ミック-Thinking @ミック-Thinking 読者登録