SSブログ

赤い糸「映画版」 [邦画]

先週の「交渉人」の南沢奈央を観て、レコーダーに映画版「赤い糸」が
入っていることを思い出し、時間を見つけて観てみました。

赤い糸修学旅行溝端淳平南沢奈央2.jpg

深夜枠でやっていた連ドラは、最後の方をチラッと観ただけでしたが、
主人公の芽衣(南沢奈央)とアッくん(溝端淳平)の二人が
仲良く楽しそうに過ごしている時間がとても少ないのが不満でした。
その点、映画版は冗長的な部分が圧縮されているので、
相対的に、数少ない二人だけでいるシーンの比率が高まっていて、
連ドラ版よりいいですね^^
しかしそれでも、そんな微笑ましいシーンは、文化祭で占いをするシーンと、
「もしよかったら攻撃」をするシーンと、修学旅行の一日目の夜だけ。
もっと一緒にいる時間を長く作ってあげて、
ふたりの想い出を増やしてあげたかった、というのは変わりません。

赤い糸立ちつくす芽衣と長崎のおみやげ.jpg

さすがにケータイ小説の原作らしく、とんでもない事が次々起こりますが、
(それでも過激さは原作の何分の一からしいですが…^^;)
「やんぬるかな」といった事情があるにしても、
心にもないことを言って別れようとするアッくんが、芽衣にかけた言葉、キツかったな~
アッくんに会える、やっと渡せると喜び勇んで飛び出していったのに、
立ちつくすことになってしまった芽衣の長崎(修学旅行先)のおみやげが切なかったですね。

赤い糸南沢奈央いろんなことがあった.jpg

「いろんな事があったんだよ。話したかった事がたくさんあったんだよ。」
わざと冷たくするアッくんに、素直に放った芽衣の言葉、ジンとしました。
こんな風に言われたら、離れていた心も取り戻せるかもしれませんね。
「リアル・クローズ」の香里奈にも教えてあげたかったところです。

物語は一応の結末を迎えていますが、本格的な結末は連ドラに引き継がれる形になっているようです。

赤い糸南沢奈央.jpg

それにしても、この子は可愛いですね^^
このまま順調に育って欲しいな~

赤い糸目立たない桜庭ななみ.jpg

桜庭ななみも出てたようです。
連ドラの時は全く目立ってない印象だったので、
今回は注意してみたのですが、やっぱり目立ってなかったです^^;
どちらかというとブスメイク?をしてたような感じもします。

芽衣とアッくんがずっと一緒にいて仲良くしている続編が見たい気がしますが、
映画版「花より男子」で懲りた経験もあるので、
かえって飢餓感を感じてるくらいがちょうどいいのかもしれませんね。
「白線流し」なんかでも、一緒に暮らしてたときの印象は案外薄くて、
離れててやっと巡り会えた~みたいな時の方が心に残ってますよね。


赤い糸 上・下セットBOX

赤い糸 上・下セットBOX

  • 作者: メイ
  • 出版社/メーカー: ゴマブックス
  • 発売日: 2007/07/18
  • メディア: 単行本



赤い糸 DVDボックス

赤い糸 DVDボックス

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



@ミック-Thinking @ミック-Thinking 読者登録