SSブログ

ついにサルベスタン鉱区の落札結果が明らかに-「不毛地帯」 [ドラマ]

今日の「不毛地帯」、ものすごい緊張感でしたね~
特に前半部。
文化の異なるイラン側との虚々実々のかけひき。
それと東京商事鮫島(遠藤憲一)のものすごい執念と執着。
壱岐正の忌まわしい過去を思い出させる土地も、再び物語の舞台となり、
360°緊張感で一杯のドラマとなっていました。
近年のドラマで、これだけ張り詰めた雰囲気につつまれた作品もないと言えるくらい。

不毛地帯竹野内豊審判の結果.jpg

さすがにあそこまで気持ちを張って仕事したこと、ないですね。
仕事ってああやってするものなのかな~
確かに製品の優劣で決まる仕事とちがいますもんね。
人間関係と情報戦で決まる比率は高いんでしょうね~
フィクションとはいえ、自分の甘ちゃんぶりがちょっと恥ずかしくなりました。
山崎豊子って何者なんでしょう。
何故、ここまでわかる?
凄い取材力。
相当近いモデルがいたんでしょうか?

物語は今日でひとつの決着を見るのかと思ったら、そうは問屋が卸さないようで、
次週以降、さらなる運命が壱岐正を襲うようです。

不毛地帯小雪に鍵を渡す.jpg

そして、小雪とのエピソード。
記者に囲まれてる場所で見かけたときは、もしかして関係を公にするのか?
と、ちょっとドキドキしましたが、
結局、まだちょっとコソコソしてますね。
予告編の感じでは、来週ついに約束を守って家族に公表するようでした…
家族の反応と、それをうけた小雪の心境の変化に注目ですね^^


そしてそして、「エンゼルバンク」今日のハセキョー。

エンゼルバンク長谷川京子ジャケット脱ぎ.jpg

やっぱりこれでしょうか^^
でも、ちょっと抑え気味かも。
今日の話は美女二人がちょっとかち合ってる感じでしたね。
それはそれで嬉しいですけど。

<関連記事>
いよいよ佳境が近づいてきましたね-「不毛地帯」
間が悪い…^^;-「不毛地帯」
ハセキョー独り立ち?-「エンゼルバンク 転職代理人」
全員が右向いてる時、左を向け-「エンゼルバンク 転職代理人」
美人薄命の法則-「エンゼルバンク~転職代理人」
知らぬ間に導かれるハセキョー-「エンゼルバンク~転職代理人」
ダンスのロマンス-「不毛地帯」
壱岐正ばかりが何故モテる-「不毛地帯」
悔いの残る別れかな?-「不毛地帯」
女性関係が描かれそうになりましたが…「不毛地帯」
秋ドラマもいつの間にか中盤にさしかかってきましたね^^;
相変わらず男っぽい-「不毛地帯」
ALWAYS三丁目の「不毛地帯」?


ユーズド・ソングス:ザ・ベスト・オブ1973-1980

ユーズド・ソングス:ザ・ベスト・オブ1973-1980

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2009/11/25
  • メディア: CD


ブログトップへ戻る
nice!(97)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
@ミック-Thinking @ミック-Thinking 読者登録