SSブログ

土佐に帰っちゃいました-「龍馬伝」 [ドラマ]

「龍馬伝」第27回。
海軍操練所が解散となり、行き場所のない脱藩組を抱えて、
再び西郷どんの頼って薩摩藩邸へ行くのか?と思って観ていたら、
弥太郎に手紙をもらって、なんと土佐に帰還してしまいました。

龍馬伝福山雅治帰還.jpg

もう2度と交わることがないと思っていた、龍馬と家族との対面が、
それも龍馬の実家で実現し、とっても微笑ましい気分にさせてくれました。
龍馬と再会した時の、坂本家の面々の喜びようといったらなかったですね^^
女性陣が活き活きと腕をふるう姿がよかった~、これも母性かな。
今の時代だと男の子もこういうことしなくちゃならないみたいですけど(笑)
そして、龍馬が物語中で描かれているような、
義侠心溢れる人物であることを証明するようなエピソードも語られていたようです。

龍馬伝福山雅治青木崇高.jpg

でも何か、どこかしら軽々でしたよね。
脱藩者の龍馬が、どのように警備網をかいくぐって
土佐藩に侵入したかも描かれていませんでしたし、
土佐藩の重臣である後藤象二郎に簡単に近づき、
簡単に言葉を投げかけ、簡単に押し倒したり・・・
無礼千万で、半平太の罪をかぶる身代わりになろうとしてしてのことだとわかったとしても、
後藤象二郎との人間関係に大きな溝を作ってしまったのは間違いのないところで、
これを後々どう処理するのかな?
龍馬と象二郎の関係はこれで終わらないと思うので、ちょっと、心配になっちゃいますね。

また、予告編で流れたとおり、龍馬が罪をかぶろうとした甲斐もなく、
ついに半平太は切腹に至るようで、
その意味で今回龍馬がやったこと、何にもならない(うまくいかなかった)ということになり、
なんだかなぁ~という思いは残ります^_^;

次回は、いよいよ第2部のクライマックスのようなので、
武市半平太の人間性を、あらためて表現して欲しいです。

龍馬伝お冨さん床に寝る.jpg

お冨さん、半平太を思って床で就寝していました。
この二人の絆にだけは、誰も立ち入れませんね。

龍馬の方は、お龍さんとなかなか恋仲になりませんね~

龍馬の帰還中、ほっておかれた脱藩浪士たち、路頭に迷ってないのかな?

<関連記事>
私は日本人の味方、海軍操練所を後にして-「龍馬伝」
最終回、ついに事件の全貌が明らかに-「新参者」
次週、最終回、ついに真犯人判明?-「新参者」
真犯人は誰だ、いまだ容疑が晴れない三浦友和-「新参者」
三浦友和、引っ張りますね~-「新参者」
谷原章介と草刈民代-「新参者」
黒木メイサの表情に泣かされる-「新参者」
事件解明よりその世界が心地良い-「新参者」
山内容堂の前であまりに無力な武市半平太-「龍馬伝」
海軍操練所への旅立ち、佐那との別れ-「龍馬伝」
恩師との歴史的出会い-「龍馬伝」
自分がずっと思い描いてきたのは今日のこの日のこと・・・-「わが家の歴史」最終夜
土佐の龍馬から日本の龍馬へ-「龍馬伝」


龍馬伝 III~SEASON3 RYOMA THE NAVIGATOR

龍馬伝 III~SEASON3 RYOMA THE NAVIGATOR

  • 作者: 【作】福田 靖【ノベライズ】青木 邦子
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2010/07/17
  • メディア: 単行本



福山雅治 坂本龍馬写真集

福山雅治 坂本龍馬写真集

  • 作者: 三浦 憲治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/07/01
  • メディア: 単行本

ブログトップへ戻る
@ミック-Thinking @ミック-Thinking 読者登録