SSブログ

次回、拡大最終回、今井美樹は助かるのか?そしてその時草彅くんは?-「冬のサクラ」 [ドラマ]

「冬のサクラ」の第8回。
震災の影響で、TVプログラムも大きく乱れていましたが、
ここにきてようやく正常化してきた雰囲気ですね。
このドラマも放送できなかった分を、次回拡大最終回として処理するようです。

冬のサクラ草彅剛今井美樹散策.jpg

草彅くんと今井美樹の純愛、
不倫になりそうなところでしたが、思いとどまりましたね。
そこまで行くには関門が2つあって、
まず、ひとつ目は草彅くんが決断すること。
そして、ふたつ目がその決断を今井美樹が受け入れることでしたが、
ひとつ目の関門さえ越えませんでした。
このままプラトニックを通すのでしょうか。
というかもう、今井美樹の体調を考えると、
完治する以外もうチャンスはないかもしれませんが・・・
草彅くんのその後が気になりますね。
もし、今井美樹がいなくなってしまったも、
義理立てしてそのまま引きずるんでしょうかねぇ。
想い出だけで生きて行けるものなのか、
まだ若いですから、ちょっと心配ですね。

冬のサクラリス.jpg

山形で野生のリスと言うと、ニホンリスのはずなんですが、シマリスが出てきてましたね。
日本固有のシマリスは、エゾシマリスしかなく、原則北海道にしかいないはず。
ということは、あれはチョウセンシマリス(シベリアシマリス)ということになり、
ペット用に飼っていたものなどが逃げ出した侵入種ということになります。
物語とは直接関係ありませんが、ちょっとだけ気になりました。

冬のサクラ草彅剛肉じゃが待ち.jpg

草彅くん、多くの時間を使って精神的なフォローや献身的な看護を続けています。
そのお返しが、肉じゃがと精一杯の感謝の言葉でした。
恋に始まりでは、そんなお返しのためだけに、頑張れることもありますよね。

夫から草彅くんへ、気持ちを移した今井美樹。
どこまでが罪で、どこからが勇気なのか。
どこまでが我慢が足りなくて、どこからが自分の気持に正直に生きるということなのか。
物語中、今井美樹は、謙虚な人柄として描かれており、
そんな人がした決断だからいいということなんでしょう。
世の中には、相手の気持を顧みず、パラノイア的に、
自分の気持がこうなんだから気持ちを移すのは悪いことではないと、
堂々と主張してしまう人もいますよね。
本来、恋愛というものは、互いの気持ちが一致していないと成立しないもので、
そういう意味では正しいのですが、
気持ちを移してしまった者勝ちというのはどうなんでしょう。
少し、違うような気もします。

冬のサクラ草彅剛佐藤健失語症連絡.jpg

次週、いよいよ拡大最終回となりました。
果たして今井美樹の命はつなぎとめられるのか?
そして、その後の草彅くんは?
見逃せませんね。

<関連記事>
冬彦さんぽく壊れてきましたね(^_^;)-「冬のサクラ」
健くん、誇り高いところに戻ってきましたね^^-「冬のサクラ」
久しぶりに兄弟が一緒に住みましたが・・・-「冬のサクラ」
命と記憶の天秤-「冬のサクラ」
なんとなく冬彦さんぽい?-「冬のサクラ」
なんで嫌われてるんだろ?-「冬のサクラ」
純愛、そしていい兄貴がここにもひとり-「冬のサクラ」


日曜劇場 冬のサクラ オリジナル・サウンドトラック

日曜劇場 冬のサクラ オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: TVサントラ
  • 出版社/メーカー: SMD itaku (music)
  • 発売日: 2011/03/09
  • メディア: CD



Miki’s Affections アンソロジー1986-2011<初回生産限定盤>(DVD付)

Miki’s Affections アンソロジー1986-2011<初回生産限定盤>(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン
  • 発売日: 2011/03/09
  • メディア: CD


ブログトップへ戻る
@ミック-Thinking @ミック-Thinking 読者登録