So-net無料ブログ作成

猫と庄造と二人のをんな [邦画]

ホンモノの昭和30年代の風景が出てくる映画、「猫と庄造と二人のをんな」を観ました。
「ALWAYS三丁目の夕日」に比べると、本物はやっぱりちょっとゆるさが違いますね。
いずれにしても懐かしい風景のような気がしました。
二人のをんなイコール山田五十鈴と香川京子なんですが、これは黒澤明の「どん底」と一緒。
撮影時期も似通ってますが、驚くのは香川京子の奔放さです。
一年後の「どん底」が信じられないくらいのおきゃん振り(^_^;)
まだ美しさはホドホドで、「どん底」のような匂うような感じは全くなく、たった一年でああまで変われるのかと衝撃を禁じ得ませんでした。
これはこれで貴重だな~


猫と庄造と二人のをんな (1951年) (新潮文庫〈第223〉)

猫と庄造と二人のをんな (1951年) (新潮文庫〈第223〉)

  • 作者: 谷崎 潤一郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1951
  • メディア: -



芥川也寸志の世界

芥川也寸志の世界

  • アーティスト: サントラ
  • 出版社/メーカー: ポリスター
  • 発売日: 1999/12/01
  • メディア: CD



愛すればこそ  スクリーンの向こうから

愛すればこそ スクリーンの向こうから

  • 作者: 香川京子
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2008/02/16
  • メディア: 単行本



nice!(385)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 385

コメント 10

mimimomo

おはようございます^^
昭和30年代ですか・・・観てみたいですね。わたくしの中学高校時代かな^^
by mimimomo (2017-12-26 06:58) 

@ミック

mimimomoさん、コメントありがとうございます^^
主演は森繁久彌でした♪
by @ミック (2017-12-27 00:51) 

ironbridge

@ミック さん、お早うございます。いつもくだらんお話にお付き合い頂き感謝。良いお年をお迎えください。
by ironbridge (2017-12-28 08:29) 

アールグレイ

再度の訪問です。
私もブログ納めで、今年最後の訪問になります。
今年はありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
また、楽しみに伺いますね^^

by アールグレイ (2017-12-28 22:35) 

@ミック

ironbridgeさん、コメントありがとうございます^^
良いお年をお迎えくださいw
by @ミック (2017-12-29 17:18) 

@ミック

アールグレイさん、コメントありがとうございます^^
こちらこそ、来年もよろしくお願いします♪

by @ミック (2017-12-29 17:19) 

marine

ミックさん、いつも楽しく読ませて頂いています。昭和30年代と見聞きするだけで懐かしさで一杯です。31年が当時の女学校に入学した年。山田五十鈴さんは美しさもさることながらあの口調がまた懐かしいです。どうぞ良いお年をお迎えくださいね。
by marine (2017-12-30 12:40) 

ゆうのすけ

ミックさ~ん 今年も一年お世話になりました。
今年も残すところ数時間となってしまいましたが
来年も よろしくお願い申し上げますと共に
喜び多い佳い年をお迎えくださいね。^^☆彡
by ゆうのすけ (2017-12-31 04:41) 

@ミック

marineさん、コメントありがとうございます^^
昭和30年台にタイムスリップして
当時の景色を眺めてみたいですね。
良い年をお迎えください♪
by @ミック (2017-12-31 07:29) 

@ミック

ゆうのすけさん、コメントありがとうございます^^
良い年をお迎えください^^☆彡
by @ミック (2017-12-31 07:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

@ミック-Thinking @ミック-Thinking 読者登録