SSブログ

公式戦も、ひと月あまり-日本ハムファイターズ [スポーツ]

世の中選挙一色ですね。
自民党はオゾン層破壊並み、いやそれ以上に浸食されてしまったようです。
ドラマも大河ドラマ以外は中止になってしまったので、
久しぶりにプロ野球にツッコミ入れてみようかと思います。

プロ野球の公式戦もいつのまにか、あとひと月あまりとなってきましたね。
地元ファイターズが順調に勝ち星を積み重ねているのでうれしい日々が続きます。
これには梨田監督はもちろんのこと、大村打撃コーチの功績が大きいように思えますね。
去年のライオンズの大久保コーチもそうですが、
コーチが変わればこんなにも打てるようになるんだなぁ~と驚いています。
プロのワザですね~

大村コーチ画像.jpg

一方、吉井投手コーチの方は前任の佐藤義則コーチの域にはまだ達してない感じかな~
試合を見ていても、同じ相手に同じやられ方をすることが結構多いような気がします。
ただ、二軍の小林投手コーチの功績か、新しい戦力がどんどんでてくるので、
量的にはずいぶんぜいたくになりましたね~

ジャイアンツとも、当初不利なトレードをしたように見えましたが、
移った選手の活躍度合いを見ると、断然ファイターズに来た選手の方が実績を残してますね~
フロントの先見性に脱帽です。

そして、先週気になったことがひとつ。
それは、インフルエンザ禍にみまわれたファイターズに対する、
小久保選手を中心としたホークスの選手達のありようです。
結局、ホークスがファイターズに三連勝したわけですが…
ホークスの選手達、ゲーム差をかなりつけられていたこともあったのでしょうが、
ここがチャンスとばかりにイケイケで鼓舞する姿が見られました。
もちろん、正々堂々と全力でプレーしてもらうことに異存はないし、
闘志を内に秘めて貰ってもかまわないです。
しかし、せめて言葉の上だけでも、
社会的な不運に見舞われた相手を気遣う態度を見せて欲しかったような気がします。
それが日本人的スポーツマンではないのでしょうかね~
ホークス並びにホークスファンの方々、厳しいこと書いてすみません。

なんやかんやありますが、ファイターズナインも、
とりあえず逆境を跳ね返したみたいで、頼もしく見守っています^^


ダルビッシュ有の変化球バイブル (B・B MOOK 623 スポーツシリーズ NO. 496)

ダルビッシュ有の変化球バイブル (B・B MOOK 623 スポーツシリーズ NO. 496)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2009/07/15
  • メディア: 大型本



@ミック-Thinking @ミック-Thinking 読者登録